カナダワーホリの年齢制限って?ワーホリ以外にカナダで働く方法は? 

カナダワーホリの年齢制限って?ワーホリ以外にカナダで働く方法は? 

ワーキングホリデーはどの国にも年齢制限が求められており、申請時に18~30歳であることという条件になっています。

オーストラリアでは35歳まで引き上げられるというアナウンスがなされ、31歳以上の人が歓喜していたのですが、結局実際に引き上げられるには今のところ至っていません。

今回は、カナダのワーキングホリデーの年齢制限についてと、年齢制限を超えてしまったけれどカナダで働きたいという人へのいくつかの方法をご紹介します。
 
 
 

カナダのワーキングホリデーの年齢制限

 
 
カナダでは他のワーホリ協定国と同じく、18歳~30歳という年齢制限になっています。

これは申請時の年齢で、31歳を迎える誕生日の前日まで申請ができるということになります。

ただし言うまでもありませんが、余裕を持って申請をしましょう。

申請時に不備があると再申請が必要になったり、思わぬところで制限を超えてしまうことが考えられます。

 
 
 

ワーホリ入国時に31歳になっていても良いというのは本当?

 
 
これは本当です!

あくまでもワーキングホリデーの年齢制限というのは申請時の話。

申請から出発までの間に31歳になってしまっても問題ありません。

ただし、ワーホリビザ発給から出発までの期限は各国によって定められており、カナダの場合は1年間。

つまり、ワーホリの許可証を受け取ってから1年以内に出発すれば良いというわけです。

31歳になる直前で申請した人が、31歳になって許可証を受け取り、そこから1年近く経って渡航した場合、32歳になってからのワーホリという可能性もあるということになります。
 
 
 

カナダでの「ギリホリ」は実際に多い?

 
 
30歳ギリギリでワーホリをすることをギリホリと呼びます。

年齢制限はクリアしているけれど、実際に30歳になってワーホリをする人っているの?という質問をよく聞くことがあります。

ご安心ください、実際カナダにはギリホリをしている人が本当に多いです!

私の友人はトロントで32歳の誕生日を迎えていましたし、それ以外の友人でも28~30歳で申請して渡航したという人はたくさんいます。

むしろ個人的には私(25歳で申請&渡航、現在26歳)よりも年上の人の方が周りに多い気さえします。

まあ、これは付き合う友達や行動範囲で変わってくるんでしょうけど…

しかしそれくらいギリホリ勢は多いのです。

年齢を気にして行動できずにいた結果、31歳になってしまうともう二度とカナダでのワーホリはできません。

ワーホリに少しでも興味があるのであれば、年齢制限を超えてしまわないうちに前向きに検討してみてはいかがでしょうか。
 
 
 

31歳以上の人がカナダで働く方法

  
 
年齢制限があるため、決断力や行動力が大事になるワーホリですが、31歳以上になってから急に新しい夢ができたりしてワーホリを思いつくこともあるでしょう。

しかし、年齢制限は年齢制限。

超えてしまったら残念ながらもう取得することは叶わないのです。

そんな人に知っておいてもらいたい情報として、カナダでは就労可能な学生ビザなど、いくつか方法があります。

もちろん、年齢制限をクリアしていて、犯罪歴さえなければ簡単にとれてしまうワーホリビザに比べ、費用面など取得のハードルは上がりますが検討してみる価値はあるでしょう。
 
 

Co-op(コープ)ビザ

 
 
政府既定のカレッジや職業訓練校が行っているCo-opプログラムというプログラムで、既定の学校に通うことで就労することができます。

学校で専門的に学んだことを実際に仕事で実践するための学習プログラムの一環という位置づけ。

そのため、学校で専門的に学んでいることと関係した仕事でなければいけないという条件があります。

また、学校での授業時間を超えて就労してはいけないという時間の規定もありますので、詳細については学校を決める際によく確認する必要があります。
 
 

PGWP(Post Graduation Work Permit)

 
 
カナダ政府指定のカレッジまたは大学に8か月以上通い、卒業後に取得できる就労許可です。

日本人の間では略してポスグラと呼ばれています。

通学期間と同じだけの就労許可、2年以上通学した場合は3年の就労許可を申請することができます。

長期での就労ができ、移住を考えている人の中では一般的な方法のひとつでもあります。
 
 
 

番外編:31歳を超えて他の国でのワーホリは可能?

 
 
残念ながら、現在すべての協定国において31歳を超えてワーホリを認めている国はありません。

そのため、カナダでワーホリに申請できないからといって、他の国に申請するということもできないのです。

冒頭でも少し触れた通り、オーストラリアはワーホリの年齢制限を35歳までに引き上げると正式にアナウンスしました。

しかし、実際にはまだ実行されておらず、2018年6月現在30歳のままとなっています。

もしかしたら31歳を超えてもオーストラリアや他の国でワーホリができる日が来るかもしれませんが、今のところはワーホリ=30歳まで、ということになります。
 
 
 

結局どのビザを選べばいいの?

 
 
結局のところ、どんな方法がオススメなのかというと、それはもう人によるとしか言いようがありません。予算の都合はもちろん、今後永住権を狙うのか単なる留学なのか、様々な要素によって変わってきます。そこで、自分の予算や目的を明らかにして検討する必要があるのです。

まずは、プロの意見を聞くためにも、カナダを専門とするエージェントに相談してみるのがよいでしょう。

カナダ現地留学エージェントの【カナダジャーナル】

また、カナダではワーホリができない場合にも上記の就労許可が考えられますが、他の国と比べてみたいという人は、英語圏の国全般に扱うサービスを利用するのがオススメです。

日本最大級の留学総合サイト【School With】

 
 
 

まとめ:カナダワーホリは30歳までに申請を!でも他の選択肢も

 
 
というわけで、カナダでワーホリするためには31歳になるまでに申請することが必須になります。

ギリギリで制限を超えてしまわないように、ワーホリを検討する場合には早め早めに行動することが必要です。

しかし年齢制限を超えてしまっても、他にもカナダで働く方法はあり、諦めるにはまだ早いです。

一度きりの人生、カナダで働いてみたい!と思ったらできるだけ早く検討を始めましょう!
 
 
 
カナダ専門留学エージェント:カナダ現地留学エージェントの【カナダジャーナル】

英語圏全般の留学情報サイト:日本最大級の留学総合サイト【School With】