北投温泉の日帰りで入浴できる温泉7選!おすすめのお風呂を徹底紹介!

北投温泉の日帰りで入浴できる温泉7選!おすすめのお風呂を徹底紹介!

北投温泉は日帰りでもおすすめ!


台北にある北投温泉は、温泉街の歴史ある雰囲気や、質の高い泉質で人気を誇る温泉地です。台北中心部からのアクセスも良いので、台北旅行で訪れるのにおすすめのスポット。日本とはまた違った温泉を楽しんでみてください。台北中心部からの所要時間は40分から1時間程度なので、台北に拠点を置いて日帰りでの利用もおすすめです。ここでは、北投温泉を日帰りで利用するときの温泉の選び方と、おすすめの温泉施設を一挙にご紹介します。
 

北投温泉の日帰りにおすすめな温泉の選び方

北投温泉には、日帰りで利用できる温泉施設も多いです。しかし日本と違うシステムがあったり、料金が高かったりもするので、いくつか事前にチェックしておくことがあります。北投温泉を日帰りで利用する際には、下記のポイントを予め確かめておきましょう。また、この記事で紹介する温泉施設はすべてこれらのポイントも比較していますので参考にしてくださいね。
 

日帰り入浴の料金

日本に比べて全体的な物価はやや安い台湾ですが、北投温泉に限って言えば日本と比較して大幅に安いということはありません。むしろ、北投温泉には高級路線の温泉宿も多く、日帰り入浴の利用で日本円にして5,000円を超えることもあります。せっかくの旅行なら値段を気にせず良い温泉を利用したいという人は除き、料金を調べずに行くと驚いてしまうこともあるでしょう。

反対に安さで探すと清潔とは言い難い古い温泉施設にあたってしまいます。節約したい人は事前にお手頃で綺麗な温泉施設を調べておくのが賢明です。
 

アメニティの有無

宿泊するのであれば話は別ですが、日帰りでの利用ならアメニティの有無は重要。北投温泉の日帰り利用では、バスタオルの貸し出しがある施設ばかりというわけではないので、持参する必要があります。北投温泉の前後に台北観光などをする場合、タオルやドライヤーなどの入浴グッズを持ち歩くのは面倒です。事前に何が用意されているかをチェックしておけば、余計なものを持ち歩かずに済むので、アメニティが充実しているかどうかも確認しておきましょう。
 

利用制限

北投温泉の湯屋(貸し切り個室風呂)は、2人以上での利用と定めていることがほとんど。一人旅で北投温泉に日帰りで訪れるときは、大浴場が選択肢となることが多いです。

また、温泉の利用時間に制限があることがあります。大浴場では制限があっても120分~240分となっていることがほとんどで特に問題はないと思いますが、湯屋は60分~120分のことが多いです。60分では少し短いかなと思う人は制限時間が長めのところにしておくと良いでしょう。
 

水着着用かどうか

北投温泉では、屋外の混浴風呂が多いため水着着用の大浴場も多いです。貸し切り個室風呂の湯屋ではもちろん水着を着用しなくて問題ありませんが、日本のように大浴場は混浴で水着を着用するところと、男女別で水着を着用しないところがあります。

水着を持っていくと荷物になりますし、現地で購入しても余分な出費になるので、大浴場希望の場合は男女別になっていて水着不要の施設をピックアップしておいてください。反対に、せっかくだから混浴で水着着用という北投温泉スタイルを楽しみたい場合は、水着の用意を忘れないようにしましょう。
 

北投温泉の日帰りにおすすめな温泉施設7選

①日勝生加賀屋


日系の会社が運営しているだけあって、きめ細かなサービスと清潔さのある温泉宿です。北投温泉の高級宿の一つでもあるので日帰り入浴でも日本と比べると高い料金設定になっていますが、平日に行くと少し節約になるのでおすすめです。

大浴場

料金

平日NT$1,200(約4,300円) 

休日NT$1,500(約5,400円)

水着の着用 水着の着用なし(男女別の浴場)
アメニティ シャンプー、ボディソープ、タオル など

湯屋(貸切風呂)

料金

森山同種(4坪)NT$2,300(約8,300円)

聽泉同種(6坪)NT$2,800(約10,000円)

觀雲同種(8坪)NT$3,000(約10,800円)

客室湯屋(8坪)NT$4,000(約14,400円)

※全タイプ平日は割引あり

人数 2人(3人目は追加料金NT$800で可能)
時間制限 90分
アメニティ シャンプー、ボディソープ、タオル など

 

 

②瀧乃湯


1907年から営業している北投温泉を代表する老舗の温泉施設です。歴史を感じる趣があり、ノスタルジックな雰囲気を楽しめますが、2017年の改装によって清潔感もアップしたので快適に利用できるようになりました。備え付けのアメニティはありませんが、とにかく価格が安く、北投温泉を日帰りで利用できるのでおすすめです。

大浴場

料金

NT$150(約540円)

水着の着用 不要(男女別の浴場)
アメニティ

なし(販売あり)

シャンプー、ボディソープ 各1本NT$15(約55円)

タオルのセットNT$120(約430円) など

湯屋(貸切風呂)

料金

雙人湯屋NT$400(約1,440円)

家庭湯屋NT$600(約2,160円)

※3人以上の場合追加料金が必要

人数 2人(雙人湯屋は最大3人、家庭湯屋は最大5人まで収容可能)
時間制限 60分
アメニティ

なし(販売あり)

シャンプー、ボディソープ 各1本NT$15(約55円)

タオルのセットNT$120(約430円) など

 

③熱海大飯店(アタミホテル台北)


参照:熱海大飯店

北投温泉での日帰り利用での穴場となっているのがこの熱海大飯店です。上質なホテルの温泉施設でありながら、日帰り利用はとてもリーズナブル。大浴場ならNT$300、貸切の湯屋でもNT$600と、とても良心的な価格でホテルの浴場が楽しめるスポットになっています。

大浴場

料金

NT$300(約1,080円)

※平日120分、休日90分の料金

水着の着用 不要(男女別の浴場)
アメニティ

シャンプー、ボディソープ 

タオルはNT$150(約540円)で販売あり

湯屋(貸切風呂) 

料金

平日NT$600(約2,160円)

休日NT$700(約2,520円)

人数 2人(3人目は追加料金NT$300で可能)
時間制限 90分
アメニティ

シャンプー、ボディソープ、バスタオル など

 

④北投麗禧温泉酒店(グランドビュー・リゾート北投)


北投温泉の五つ星ホテルとしられる北投麗禧温泉酒店は、ホテルランクを裏切らないとても豪華な温泉宿です。そのため、日帰りでの利用も日本に比べて高めの料金設定ですが、安く利用できる屋外風呂に注目。水着は必要になりますが、このランクのホテルの日帰り温泉をNT$600で利用できるのは非常に嬉しいです。お得に高級宿の雰囲気を味わうならぜひチェックしてみてください。

大浴場 

料金

平日NT$1,600(約5,760円)

休日NT$1,800(約6,480円)

水着の着用 不要(男女別の浴場)
アメニティ

シャンプー、ボディソープ、バスタオル など

屋外風呂&プール

料金

NT$600(約2,160円)

水着の着用 必要(混浴)
アメニティ

湯屋(貸切風呂) 

料金

NT$2,300(約8,300円)

人数 2人(3人目・4人目は1人NT$600で利用可能)
時間制限 90分
アメニティ

シャンプー、ボディソープ、バスタオル など

 

⑤水美温泉会館(スイートミーホットスプリングリゾート)


新北投駅を出てすぐのところにある立地抜群の温泉宿です。アジアの雰囲気が漂うおしゃれな内装でありながら、北投温泉の上品な温泉宿の中では比較的リーズナブルに日帰り温泉が楽しめる施設になっています。湯屋の価格もお手頃なので、良い温泉宿の個室温泉を試してみたい人に最適です。

大浴場 

料金

平日NT$650(約2,340円)

休日NT$850(約3,060円) 

定価NT$1,000(約3,600円)

水着の着用 不要(男女別の浴場)
アメニティ

シャンプー、ボディソープ、バスタオル など

湯屋(貸切風呂)

料金

獨享湯屋 平日NT$900(約3,240円)

     休日NT$1,100(約3,960円)

     定価NT$1,200(約4,320円)

日月湯屋 平日NT$1,050(約3,780円)

     休日NT$1,350(約4,860円)

     定価NT$1,500(約5,400円)

人数 2人
時間制限 60分
アメニティ

シャンプー、ボディソープ、バスタオル など

 

⑥北投春天酒店(スプリングシティリゾート)


9種類のお風呂が楽しめる露天施設が人気の温泉宿です。人気の露天風呂は水着の着用が必要ですが、日本の温泉にはない雰囲気を楽しみたい方におすすめ。また、貸切風呂の湯屋は他の温泉宿の貸切風呂に比べて非常にリーズナブルな価格設定になっています。

大浴場(屋外風呂)

料金

NT$800(約2,880円)

水着の着用 必要(混浴)
アメニティ

シャンプー、ボディソープはシャワー室にあり

バスタオル、ビーチサンダル など

湯屋(貸切風呂)

料金

NT$600(約2,160円)

※一人あたりの料金

人数 2人
時間制限 60分
アメニティ

シャンプー、ボディソープ、バスタオル など

 

⑦三二行館(Villa32)


泉・木・樹・石の要素を取り入れて芸術作品として作り上げられた温泉宿で、こだわり抜かれた建物の美しさが魅力の施設です。北投温泉の日帰りができる施設の中でも特に高級路線の施設ですが、その分ラグジュアリーな雰囲気は抜群なので、とにかく贅沢な時間を過ごしたいという人におすすめです。

大浴場 

料金

平日NT$1,980(約7,200円)

休日NT$2,580(約9,300円)

水着の着用 なし(男女別の浴場)
アメニティ

シャンプー、ボディソープ、バスタオル など

湯屋(貸切風呂)

料金

平日NT$2,800(約10,000円)

休日NT$3,600(約13,000円)

人数 2人
時間制限 90分
アメニティ

シャンプー、ボディソープ、バスタオル など

 

北投温泉は日帰りでの利用もおすすめ!

北投温泉には日帰りで楽しめる温泉施設もたくさんあります。水着を着用しないといけない施設があったり、貸切風呂は2人からという制限があったり、日本とは異なるシステムのこともありますが、温泉の気持ちよさは万国共通。台北旅行で歩き疲れた身体を癒してくれること間違いありません。台北旅行では、ぜひ北投温泉に訪れて、日帰りで温泉入浴を楽しんでください。

参考記事

日帰りでも楽しめる北投温泉へのアクセスはこちらの記事を参考にしてください!
北投温泉への行き方を解説!台北から簡単にアクセスできる癒しスポット