カナダワーホリや観光で国際免許は必要?仕組みや取得方法もご紹介

カナダワーホリや観光で国際免許は必要?仕組みや取得方法もご紹介

ワーホリや留学、または観光でカナダに滞在するときに車の運転が必要になるという人もいるのではないでしょうか。

たとえば大都市トロントを観光するだけなら、交通網が発達していますので車がなくても不便を感じないかもしれませんが、広大な土地をもつカナダでは車があった方が便利なことは多いです。

そこで、今回はカナダで車を運転したい場合の方法や、国際免許についてご紹介します。
 

カナダの運転免許証は州によって違う

 
 
まず注目しておきたいのが、カナダでは州によって免許や交通に関する取り決めがあるということ。国際免許の取り扱いにも差があります。

州によっての詳細はぜひ、公式な情報をご確認くださいね。
 
 
 

国際運転免許証とは

 
 
正式には国外運転免許証といい、ジュネーブ条約加盟国で有効な免許証です。カナダも加盟国に含まれています。

日本で運転免許証を所有していれば発行することができ、有効期限は1年間。しかし、日本の運転免許証の期限が1年未満であれば発行することができません。

ただし、国際免許証のみでは有効でなく、日本の免許証とセットで所持しておく必要があります。

カナダの場合、州によっては期間限定で(BC州:6か月、ON州:3か月)日本の免許証だけで運転も可能です。しかし、国際免許の提示を求められることも考えられるので、短期間であっても国際免許証をセットで所持しておく方が良いでしょう。
 
 

国際免許証の取得方法

  
 
国際免許証は住民票がある公安委員会の運転免許試験場、運転免許センター、 県警本部の運転免許課で即日発行可能です。数週間かかることもありますが、警察署でも発行可能なことがあります。

下記のものを持参し、その場で申請書に記入をして発行してもらいましょう。
 
 

国際免許証の発行に必要なもの

・有効な運転免許証
・パスポートまたは海外渡航を証明する書類
・国際免許証用の証明写真(規定あり)
・申請手数料:都道府県により異なる(東京都の場合2,650円)

 
 

長期の場合は免許の切り替えが必要

 
 
注意したいのが観光などの短期滞在ではなく、ワーホリや留学などある程度長期で滞在する場合です。

BC州では90日間、ON州では60日以内に各州の免許証に切り替える必要があります。
 
 
 

カナダ各州の免許証を取得する方法

 
 
国際免許証を持っていてもBC州では90日、ON州では60日以内に各州の免許証に切り替える必要があると述べました。なので、初めから長期滞在を見込んでいる場合には、現地で直接州の免許を取得するというのも一つの方法です。

日本での運転経験が2年以上ある場合は試験なしで取得可能です。

2年未満の場合はON州の場合はG2 Road Testの受験が必要になります。また、BC州では日本での運転経験が2年以下である場合、取得できる免許証はグレードの低いもの(カナダでは免許のグレードごとに条件が付いています)です。
 
 

トロント(オンタリオ州)でG免許を取得する方法

 
 
サービスオンタリオに下記のものを持参して申請します。
 
 

・パスポート
・有効な日本の運転免許証
・自動車運転免許証抜粋証明(日本総領事館にパスポート、日本の免許証、申請料を持参し取得する)
・申請費用

 
 
オンタリオ州でのG免許取得の際は日本の免許証は没収されません。
 
 
オンタリオ州の運転免許証に関してはこちらの記事を併せてご覧ください。

関連記事:オンタリオ州の免許証システムや取得方法!トロントで車を運転するには?

バンクーバー(ブリティッシュコロンビア州)の免許証を取得する方法

 
 
下記のものをICBCに持参し申請します。
 
 

・日本の運転免許証
・運転免許証の翻訳証明書(日本総領事館で取得)
・身分証明書2つ(パスポート、カナダの査証/ビザ)
・手数料

 
 
ブリティッシュコロンビア州で免許を取得すると、日本の運転免許証は取り上げられてしまいます。
 
 
 

まとめ:滞在期間によって国際免許証か各州の免許証を取得しよう

 
 
いかがでしたか。

トロントを含むオンタリオ州では60日を超える場合、バンクーバーを含むブリティッシュコロンビア州では90日を超える場合は各州の免許証に切り替える必要があります。

その日数以下の場合に国際免許証を取得すると良いでしょう。

運転のルールなども違いますので、よく確認をしてからドライブを楽しんでくださいね。