カナダのおすすめテレビ番組4選!コメディからドキュメンタリーまでご紹介

カナダのおすすめテレビ番組4選!コメディからドキュメンタリーまでご紹介

カナダのおすすめテレビ番組

みなさん、テレビは見ていますか?ネットフリックスはよく見ているという人はたくさんいますが、テレビ番組を見ているという人はどうやら少ないよう。

個人的にはネットフリックスを見るのはどこでも見れるので、カナダに来てからはテレビを見る方が好きなんです。日本に帰ったら見れないですしね!というわけで、今回は個人的に好きなテレビ番組を4つ紹介します。オリジナルではなく再放送だったりするものもあるのでご容赦を。
 

①Border Security: Canada’s Front Line

タイトル通り、国境でのセキュリティーをテーマにした番組。

たとえば不法滞在をしようとしている人や、申告なしに大金を持ち込もうとしている人、または海外からの怪しい小包などの取り締まりのドキュメンタリーです。空港の入国審査でちょっと怪しいなと思った人に巧みな質問をしていき、どんどん嘘を暴いていくオフィサーやなど、人を読む能力の凄さが垣間見えます。

日本人というだけで入国審査で疑われにくい私たち。なかなか見れない緊迫の映像が見れる番組です。
 

②Just Kidding

子供が大人たちにドッキリをしかける番組。”Just for Laughs: Gags”というコメディ番組の子供バージョンという感じです。ドッキリはシンプルなものばかりで、全てセリフなしで進行。なので英語に自信がない人でも問題なく楽しめます。

ただのぬいぐるみが空気砲の仕掛けでぶっ飛んだり、おもちゃの家から人の手がいきなり出てきたり、アイデア自体は子供らしいものばかりですが、仕掛けは唸ってしまうくらいしっかり作ってあるので、大人たちが本気で驚くんです。その驚いたときの表情やリアクションがめちゃくちゃ面白い。テンポよくサクサク進んでいくのも爽快で、なかなか目が離せなくなってしまいます。
 

③MasterChef

世界中で大人気の料理番組。イギリスでもとになる番組が放送されたのは1990年で、そこから40か国以上でリメイクされる大人気番組となっています。

20人ほどのアマチュア料理人たちが料理の腕を競い、マスターシェフという称号のチャンピョンを目指すという分かりやすい設定ですが、毎週ひとつの審査ごとに一人ずつ脱落していくという超長期戦。なので段々出演者である各料理人たちの性格なども見えてきてちょっと感情移入をしちゃったりもします。

アマチュアとはいえ戦いのレベルは非常に高く、まるで高級レストランで出てきそうな料理の数々は見た目にも美しいです。

“MasterChef Junior”という子供バージョンもあり、8歳から13歳までの子供たちが大人顔負けの料理をするのも驚きと感心でとても面白いです。ちなみに子供バージョンでは普段厳しい審査員がかなり甘口コメントになるのも面白いところです(笑)
 

④Pawn Stars

ラスベガスの質屋を舞台に、売りたいお宝を持ってきた人と、店側のやりとりの様子を放映する番組。その品物の歴史的な背景やストーリーなども織り交ぜられているので、単なる質屋のドキュメンタリーとしてだけでなく、歴史番組のような面白みがあります。CM前にちょっとしたクイズもあるので、その品物の価値を一緒に考えたりして楽しめますよ。

もちろん最後は高く売りたい側と、安く買いたい店側の攻防が見所です。
 

カナダには面白いおすすめのテレビ番組が目白押し!

せっかくカナダに来たのであれば、日本では観れないテレビ番組を楽しむのはいかがでしょうか。日本のテレビとは違った感覚で面白いテレビ番組がたくさんありますし、中には英語力がなくても楽しめるものもあります。ワーホリや留学、旅行などでカナダに来たら、日本では見ることができないテレビ番組を楽しんでみてください!