CNタワーの行き方・チケット料金・混雑情報まとめ【トロント観光スポット】

CNタワーの行き方・チケット料金・混雑情報まとめ【トロント観光スポット】

トロントのシンボルと言えばCNタワー。

カナダ国内では最も高い建物であり、開業から32年間は世界でも一番高い自立式建築物でした。

そんなCNタワーはトロントを一望できる観光スポットとして絶大な人気を誇り、まさに外せない場所。

今回はそんなCNタワーについてご紹介します。
 
 

CNタワーへの行き方・アクセス

 
 

 
 
CNタワーの最寄り地下鉄駅はユニオン(Union)駅。そこから徒歩で約10分です。

気候の良い時期は外を歩いても良いですが、冬の寒さが厳しい時期や夏の暑さが厳しい時期にはスカイウォーク(Skywalk)という連絡橋を通ることで屋外を歩かずにすむのが嬉しいところ。

周辺にはブルージェイズのホームスタジアムであるロジャースセンターや、リプリーズ水族館などの観光地が集まっています。
 
 
 

CNタワーの入場料・チケット料金

 
 
CNタワーの大人(13~64歳)チケット価格は2018年9月19日現在下記の通り。
 
 
ジェネラルアドミッション:38ドル
ジェネラルアドミッション+スカイポッド:53ドル
タイムチケット;45ドル
 
 
基本となるのがジェネラルアドミッション。タワーに登る人が全員購入しなければならないチケットです。

このチケットでは地上346mのLookout Levelと呼ばれる部分まで行くことができます。
 
 
それよりも高いスカイポッドに行くためには追加料金に。
 
 
タイムチケットとはあらかじめ日時を指定して、並ばずに入れるチケットです。

夏休み中などは購入を検討しても良いかもしれませんね。
 
 
そしてCNタワーには360というレストラン(後述)があり、食事のコース料金にジェネラルアドミッションが含まれています。
 
少し料金は高いですが、飲食代とチケット代と考えるとお得かもしれません。
 
 
また、CNタワーはトロント・シティパスの対象施設になっているので、CNタワー以外の観光スポットもたくさん行くのであればシティパスがオススメ。

CNタワーを含む5つの観光スポットがセットになって~ドルのお得なチケットです。
 
 
関連記事:トロントのシティパスはお得?購入方法や有効期限は?
 
 
 

恐怖のアトラクション「エッジ・ウォーク」

 
 
CNタワーではエッジ・ウォーク(Edge Walk)という人気アトラクションがあります。

これは地上356メートルの高さの屋外にある幅1.5メートルの通路を歩くというかなりスリルのあるアトラクション。

命綱は当然ついているとは言え、それだけの高さで手すりから手を離してみたり身を乗り出してポーズをとったりするのはかなり怖いもの。

料金は一人225ドルと高額ですが、スリルが好きな人は試してみてはいかがでしょうか。
 
 
 

回転レストラン360

 
 
CNタワーにはトロントを一望しながら食事ができるレストランがあります。

床がゆっくりと回転し、一定の景色ではなく360度全ての景色が楽しめるという嬉しい仕組みになっています。

コース料金はランチで60ドルからと少し高めですが、360で食事をするとジェネラルアドミッション(Lookout Levelまでのタワー入場料)が含まれています。

ジェネラルアドミッションチケットは現在38ドルですから、それを考えると安いと考えられるかもしれませんね。
 
 
 

CNタワーの混雑・混み具合

 
 
CNタワーを始めトロントの観光地の混み具合は時期によるものが大きいです。トロントはとにかく夏季がどこも混雑します。

夏休みシーズンを除く平日であれば、ほとんど待ち時間なく上に上がれる日もあるとか。

夏休みシーズン以外の休日では、チケットカウンターと上に上がるためのエレベーターにそれぞれ15~30分といったところでしょうか。

暖かい季節や休日は少し並ばなければいけないことを想定しておきましょう。
 
 
 

まとめ:CNタワーはトロント観光で外せない!

 
 
いかがでしたか。

ランドマークであるCNタワーはトロントの観光では外せません。

ぜひトロント観光では立ち寄ってみてくださいね。