海外旅行のときの両替はどうするの?絶対に損しないための注意点とは

海外旅行のときの両替はどうするの?絶対に損しないための注意点とは

海外旅行のときの両替はどうする?


海外旅行のときに問題になるのが、どうやって日本円を現地通貨に両替するかということ。クレジットカードをできるだけ使用するという人でも、小さな商店などクレジットカードが使えない場合もあるので、最低限の両替が必要になります。

空港や銀行など、両替ができるならどこでも良いと思っている人もいるかもしれませんが、両替は上手く行わないととても損をするものです。特に大きな金額を両替する場合、為替レートよりも両替レートが大幅に高いとかなりの損になってしまうこともあるので要注意。各両替方法のポイントと、おすすめの両替方法をご紹介します。

海外旅行のための両替方法を比較


日本国内で両替をするより、現地で両替をした方がお得だと考えている人も多いですが、実は一概にそうとは言い切れません。特に日本人に人気の観光地であるハワイを含むアメリカドルやユーロなど、日本国内でその通貨の流通量が多いものに関しては、日本国内での両替の方が両替レートが良いということもあります。ここでは、日本国内での両替や現地での両替がどんな場合におすすめなのかを見ていきましょう。

日本国内で両替

日本国内の銀行や両替商で両替をする方法です。アメリカドルやユーロは日本国内の方が両替レートが良いことが多いので、アメリカやヨーロッパ諸国へ行く場合は日本国内で両替した方が良いことが多いです。

日本国内での両替は何と言っても安心感が魅力。海外旅行で渡航する先の言葉が話せなくても、日本国内なら日本語で安心して両替ができますので、言葉が分からないことによるリスクはなくなります。また、現地についてあわてて両替をする必要もないので、初めての海外旅行ならこの方法が安心できると言えるでしょう。

アメリカやヨーロッパ以外に旅行する場合は、日本国内での両替レートはあまり良くないことが多いのでおすすめできませんが、到着してすぐのタクシー代など最低限のお金を予め日本国内で両替しておくと安心です。

こんなときにおすすめ
・アメリカドルまたはユーロに両替する
・渡航先の言葉が全く理解できずに不安がある
・初めての海外旅行
・現地で両替予定だが最低限の現地通貨を持っておきたい

現地で両替する

通常、アメリカドルやユーロ以外は渡航先での両替レートの方が良いことが多いので、現地での両替がおすすめです。そのため、アメリカまたはヨーロッパ以外に渡航する場合は、到着してすぐ必要なタクシー代などの最低限のお金のみ日本で両替し、残りは現地で両替するようにしましょう。

現地では、ホテル、銀行、街の両替商、空港などで両替することができますが、どれも大きく両替レートが異なることに注意が必要。国によって異なりますが、ホテルでの両替が最も損になり、街の両替商や銀行での両替はお得なことが多いです。空港での両替は高くつくと思われていますが、街の両替商と大きく変わらないレートを採用しているところもあるので一概には言えません。現地での両替は両替レートを確認してお得な場所を選ぶことと、観光客をだます悪質な両替商でのリスク回避をすることがポイントになります。

こんなときにおすすめ
・アメリカドル、ユーロ以外の通貨へ両替する
・海外旅行に慣れている
・現地通貨を余らせないように少しずつ両替をしたい

海外旅行で両替をするときのポイント

手数料と両替レートを確認する

両替をするときに絶対に確認しておきたいのが両替手数料と両替レートです。両方を確認してよりお得なところを選ぶのがポイントになります。特に少額を両替する場合は、両替レートが良くても手数料で損をすることが多いので注意が必要です。

両替手数料 
両替をするときに手数料として徴収されるお金です。両替手数料がないことも多々あります。両替レートが良い場所でも、両替手数料を徴収されるところでは損になってしまうこともありますので、両替手数料の有無とその金額を確認しておきましょう。

両替レート
両替レートは両替するときに、日本円がどれだけの金額の現地通貨になるかというレートです。例えば「1ドル=120円」なら1ドルを得るのに120円が必要だということ。100ドル欲しい場合は12,000円となります。当然、同じ金額の現地通貨を両替するときに日本円が少なくて済むところの方がお得ということになります。インターネットでその日の為替レートをチェックし、為替レートとの差が少ないところがお得に両替できる場所ということです。

必要な金額を想定する

日本円から海外通貨にするときだけでなく、余った海外通貨を日本円に両替をするときにも、両替レートによってお金が減る可能性があります。そのため、心配だからといってたくさん現地通貨に両替しておくというのはあまりおすすめできません。

ホテルや現地での交通費、観光施設への入場料や食費など、予め想定できる出費に関しては計算しておきましょう。そして、できるだけ現地通貨を余らせないような金額を両替するのがポイントです。特に、アメリカやヨーロッパ以外の国では現地での両替の方がお得なことが多く、足りなくなったら都度両替をすることもできるので、あまりに多くの金額を両替しないようにしましょう。

海外旅行先で両替するときの注意点

為替レートを確認しておく

日本国内での両替の場合も同様ですが、事前にその日の為替レートを確認しておきましょう。そして、その為替レートとできるだけ差がない両替レートを取っている場所で両替を行うのがコツになります。

空港での両替は損、現地の両替商での両替が得、と思い込んでいる人もいますが、現地の空港でも良い両替レートのところがあったり、街の両替商でも損な両替レートのところがあったりします。また、当然街の両替商同士でも両替レートに大きな差があることも少なくありません。為替レートを確認して、為替レートとあまり差のない両替レートのところを選ぶようにしましょう。

両替前と両替後に金額を確認する

国によっては、外国人観光客からお金をだまし取ろうとする悪質な両替商がいることもあります。そのため、両替前には日本円○○円に対してどれだけの現地通貨になるのかを事前に提示してもらうことを忘れないでください。また、納得して両替してもらったあとも、一度自分でお金を数えておくようにしましょう。

財布の出し入れ時には周囲をチェック

ホテルなどで両替してもらうときはある程度安心感がありますが、街の両替商などでは周囲にも気を配る必要があります。特に治安があまりよくないとされている国では、両替直後のひったくり被害がないとは言い切れません。両替商で両替をしてもらったら、財布にお金をしっかりしまって、財布をカバンにしまってから両替商をあとにしてください。間違っても、財布にお金をしまいながら歩くのはやめておきましょう。両替後は周囲に変な人がいないかにも目を光らせておく必要があります。

海外旅行では両替で損をしないようにしよう

海外旅行では必ず現地通貨への両替が必要になります。特に多額の日本円を現地通貨に換える必要がある場合、両替レートによっては大きく損をしてしまうことも。そのため、両替レートが良い場所で両替をすることがポイントになります。海外旅行に慣れていない場合は、自分が安心して両替できる方法で、かつ大きく損をしない両替場所を選ぶことが重要です。ポイントを押さえて両替をし、損をしない海外旅行をしましょう!