【アイスクリーム】Dutch Dreams【トロントカフェ】

【アイスクリーム】Dutch Dreams【トロントカフェ】

夏が待ち遠しい!と最近の記事でも書いていましたが、夏は楽しいイベントの他にももう一つ恋しいものが。

それはアイスクリーム!

甘いものが好きなので、当然アイスクリームも大好物なんですが、さすがにトロントの冬にアイスクリームを食べる気にはあんまりならない。

家で食べたり、デザートとしてちょっと食べたりとかはしていましたが、いわゆるアイスクリーム屋さんには久しく行っていないのです。

オススメのアイスクリーム屋さんはたくさんあるので順に紹介していこうと思いますが、今日はその中でもオススメでちょっぴりクレイジーなアイスクリーム屋さんのご紹介です。
 
 
 

 
 
 

Dutch Dreams(ダッチドリームス)

地下鉄セントクレアウエスト駅の近くにある有名なアイスクリームのお店です。

アイスクリームに限らず、デザートを食べに行くようなお店って早く閉まりがちですが、ここは23時まで営業しているのも嬉しいところ。

私が行ったのは平日の22時すぎだったと思うのですが、外まで少し行列が続くくらいには混んでいました。
 
 
なんといってもこのお店の最大のオススメポイントは、アイスの味とコーンの種類の充実っぷりとその大きさ。

見た目もとっても派手で、写真映えもばっちりです。
 

 
 
アイスクリーム屋さんって、アイスそのものの味の選択肢は多いお店も少なくないと思うのですが、ここはそれに加えてコーンもものすごいバリエーションの中から選べちゃいます。

組み合わせのパターンが多すぎて本当に迷いました。

そう思うとちょっと並ぶくらいは全然苦になりません。
 
 
コーンの種類、アイスの種類、トッピングの有無を聞かれるので、それを答えてオーダーします。

トッピングというのは上に乗せてくれるホイップクリーム、綿菓子、フルーツのことです。

これで確か9ドル弱だったと思います。
 
 
さて、このお店ではふたつ注意点が。

一つ目はこのお店、オーダー→商品受け取り→支払いという流れだということ。

こんなにどっさりと盛られたアイスクリームを片手に財布を取り出して支払いをするというのは結構難易度が高いです。

なので、友達と交代でアイスクリームを持ち合いっこしたり、商品を受け取る前にお札を出しておいたりするとスムーズかもしれません。
 
 
もう一つは、当たり前ですがめちゃくちゃ食べにくいということ(笑)

コーンから溢れんばかりにもられたアイスクリームは、夏場だと速攻で溶けて垂れてきますし、上に乗った綿菓子なども上手く食べるのは難しいです。

その証拠に、店内の床はかなり汚れています(笑)

なので、暑い日に行くのであれば結構急いで食べる必要があるかも。

普通の手で持って食べる形のコーンの他に、コーンでできた浅めのカップもあるので、その場で食べるのであればそれを選ぶのもひとつ。

でも店内も席数は多くないため、店内で食べれない可能性もあります。
 
 
 
あまりのてんこ盛りっぷりに、食べるのが大変だとかいうのもありますが、そういうのも含めてとっても面白くて楽しいアイスクリーム店。

暖かくなってきたので、もう一度行ってみたいと思っています!