【ホットドッグ】Fancy Franks Gourmet【トロントレストラン】

【ホットドッグ】Fancy Franks Gourmet【トロントレストラン】

今回はおもしろいホットドッグメニューがたくさんあるお店のご紹介です。

実は仲良しの友人のアルバイト先だったこのお店。

彼女が働いているときに行きたかったのにすっかり出遅れてしまいました。
 
 
ちなみに、トロントを歩いていると、至る所でホットドッグ販売の車や屋台を見かけます。

また、以前ご紹介したオシャレなホットドッグ店など、ホットドッグの人気の高さがうかがえます。
 
 
 

 
 
 

Fancy Franks Gourmet

 
 

今回行ったのはスパダイナ×クイーンの交差点近くにあるロケーション。

他にもダウンタウンに近い場所に3つ別の店舗があります。
 
 
ホットドッグはもちろん、ハンバーガーやプティンなどを扱ういわゆるファストフード。

ただしホットドッグやプティンは、味のバリエーションの豊かさがお見事!

どちらもファストフードや屋台などの超定番メニューでありながら、ここでしか味わえないトッピングのものがたくさん並びます。

種類が豊富というのはかなり楽しくなるので、嬉しいポイントですよね。
 
 

今回オーダーしたのは、写真右上から時計回りに、FANCY FRANCINE、FANCY 90210、CAJUN FRIESの3点。

がっつり2つ卵を使った目玉焼きが乗せてあるFANCY FRANCINEは、ホットドッグの上なのに!?って思ってしまうほど、黄身がとろりと出てくる焼き加減。

ちょっと食べにくいですが、とろとろの卵がよく絡んで美味しいです。

FANCY 90210はトマト、アボカド、ベーコンにオリーブオイルという上品なホットドッグ。

具材の量も上品というか、控えめに感じる量だったので、少し物足りなく感じました。

味はばっちりで、オリーブオイルだけでいただくので、ソーセージの本来の旨味や塩気を堪能できます。

サイドとして注文したCAJUN FRIESは、普通のフライドポテトに少しスパイシーなスパイスがまぶしてあって、手が止まりません。
 
 
本当は、友達がオススメしてくれていたミニドーナツも気になっていましたが、閉店時間が迫っていたので退散することに。

次回はそれも食べてみたいです。
 
  
お値段はホットドッグ1つ7.5ドル程度で、注文した3品とペットボトルの水を購入し、併せて約23ドルほど。

カジュアルなのでこれくらいで妥当かと思っています。
 
 
値段もあまり高くなく、たくさんの選択肢があって何度か行ってみてもいいかと思える一軒。

ぜひ近くのロケーションに足を運んでみてくださいね。