ホーチミンでタクシーのぼったくりを回避する方法とは?悪徳業者に要注意!

ホーチミンでタクシーのぼったくりを回避する方法とは?悪徳業者に要注意!

ホーチミンのタクシーはぼったくりが多い

日本人からも観光地として人気の高い国ベトナム。ベトナムの中でも最大の経済都市であるホーチミンは、日本で発売されているガイドブックでは必ずと言って良いほど巻頭に特集されるほどの人気ぶりです。そんなホーチミンでは、観光の際に必ず一度はタクシーを利用するのではというほど、タクシーでの移動は避けて通れません。

ベトナムは物価が非常に安いため、タクシーの料金も安値で便利なのですが、ぼったくりタクシーに引っかかってしまうと相場の何倍もの料金をふっかけられるというリスクもあります。日本ではタクシーに乗るときにぼったくりを心配する必要がなくうっかりと引っかかってしまう日本人も多いので、ホーチミンへ出発する前には一度タクシーの安全な利用について知っておいてください。
 

ホーチミンのぼったくりタクシーの特徴

ホーチミンでのぼったくりタクシーには共通点があります。乗る前に気づけることがベストなので、乗車前にこれらの特徴が一つでも見受けられたら注意しましょう。確実に信頼できるタクシーでなければ乗らないようにしてください。
 

ドライバーが制服を着ていない


ホーチミンの優良タクシー会社であるビナサンとマイリンには制服があります。各タクシー会社のイメージカラーの目立つタクシーの車体に加え、ドライバー本人も制服を着用していることが優良タクシー会社のサインです。

それに比べてぼったくりタクシーでは、ドライバーがカジュアルな普段着を着ていることがほとんど。声をかけてきたドライバーが制服を着用しておらず、普段着のような恰好をしていたらついていかないようにしましょう。
 

強引な客引きをする

ホーチミンのタンソンニャット空港や人気の観光スポットでは必ずといって良いほど客待ちのタクシーがあります。後述するビナサンやマイリンでも軽い声掛けをしていることはありますが、ぼったくりタクシーは強引な客引きが特徴です。

タンソンニャット空港では、ぼったくりタクシーが止まる場所の奥にビナサンやマイリンタクシーの乗り場があるので、嫌でもぼったくりタクシーの前を通ることになるのですが、通り過ぎようとする観光客を強引に捕まえようとします。奥のタクシー乗り場に行くと言って歩いていても、特に強引な場合ではスーツケースを引っ張られることもあるほど。こういった強引な客引きに慣れていない日本人からすると、少し怖く感じるレベルの客引きが特徴です。
 

質問の答えをごまかす・嘘をつく


基本的にベトナムのタクシードライバーで英語の通じる人は少ないです。そんな中でも簡単な英語を使って何かを質問したときに、ごまかされたり嘘をつかれたりすることもぼったくりタクシーの特徴になります。

例えば、「マイリンタクシー?」と聞いて、マイリンタクシーじゃないのに「マイリン!マイリン!」と言うなんてことも。ごまかしはともかく、嘘は見抜けないかもしれませんが、こちらからの質問に対してちゃんと答えようとしなかったり、質問を受け流したりするような態度の場合は気を付ける必要があります。
 

ホーチミンでぼったくりタクシーに引っかからない方法

ホーチミンの観光にはタクシーが便利なので、タクシーは積極的に利用すべきです。しかし、ホーチミンではぼったくりのリスクもあります。そこで知っておきたいのが、ぼったくりタクシーを避け、安全にタクシーを利用する方法。少なくとも一度はタクシーを利用することになりますし、ホテルの送迎などを頼んでいない場合はホーチミンに着いてすぐ利用するのもタクシーです。タクシーを利用するときに迷わないように、事前にポイントを押さえておいてください。
 

配車アプリの使用またはホテルで配車を頼む


最も安心してタクシーを利用する方法は、流しのタクシーではなく配車したタクシーを利用することです。宿泊しているホテルに頼むか、Grabという配車アプリを利用しましょう。

日本では使われていないので疑問があるかもしれませんが、Grabはホーチミンの観光で非常に便利な配車アプリです。ダウンロードしておけば、インターネット環境下ならどこでも車を配車することができ、乗車前に料金がわかる明瞭会計。これまでそのドライバーを利用した人からドライバーが評価されるシステムで、悪質ドライバーが排除されているので安心です。
 

優良タクシー会社のビナサンかマイリンのみ利用する

  

参照:VINASUN(左)/MAI LINH(右)

流しのタクシーを利用する場合、ホーチミンの優良タクシー会社であるビナサンかマイリンを利用しましょう。運よくその2社のタクシーを見つけられるのかと心配する人もいますが、どちらもホーチミン市内なら簡単に見つけることができます。

ビナサンとマイリンの簡単な見つけ方は車体のデザイン。ビナサンは白の車体に緑と赤の文字、マイリンは緑の車体が特徴です。ただし、この2つを装った悪質なぼったくりタクシーもあるため、車体のデザインでこの2つのうちどちらかのタクシーを見つけたら、乗車前に車体に記載されている電話番号をチェックし、しっかりと確認してから利用してください。

車体の特徴 車体に記載の電話番号
ビナサン(VINASUN) 白地に緑と赤の文字 38.27 27 27
マイリン(MAI LINH) 緑の車体 (028)38 38 38 38

 

タンソンニャット空港では奥のタクシー乗り場まで行く

国際線でホーチミンのタンソンニャット空港に到着したら、出口を出て左手に進むとタクシー乗り場があります。しかし、問題なのがぼったくりタクシーが手前に止まり、ビナサンとマイリンは奥に止まっていること。そのため、多くの人がビナサンとマイリンのあるタクシー乗り場に辿り着くことなくぼったくりタクシーに引っかかっているのです。

出口から左手に進むと、一般車のような見た目のタクシーが何台もあり、ドライバーと客引きのサポート役が強引に声をかけてきますがスルーしましょう。そのままさらに進むとビナサンとマイリンのタクシー乗り場があるのでそこまで進んでください。
 

客引きタクシーは毅然とした態度で断る


空港に限らずホーチミンの人気観光スポットでは、周辺に客引きのタクシーがたくさん止まっていることがあります。当然、その観光スポットに来た人に声をかけて乗車させるのが狙いです。ホーチミンでは日本にはない強引な客引きもあるので、少し怖くなってしまいますが、ビナサンかマイリンでない限りスルーがおすすめ。それでもしつこく声をかけてくる客引きに対しては、はっきり”No”と断りましょう。
 

ドライバーや客引きの言うことを信用しない

悲しいことかもしれませんが、ホーチミンでは基本的にタクシードライバーを疑っておく方が良いでしょう。それほどにホーチミンでは悪質なぼったくりタクシーが横行しているのです。

一般車のように見えるタクシーに対して、「マイリン?」と聞いたら「マイリン!」とあたかも本当のことのように返ってきたということもありますが、「マイリンタクシーには見えないけど、ドライバーがマイリンって言ってるからそうだろう」という判断はNGです。ドライバーや客引きの言うことで判断するのではなく、車体や電話番号から自分の目で確実に判断するようにしてください。
 

ホーチミンではタクシーのぼったくりに気を付けよう!

魅力的な観光スポットの多いホーチミンですが、悲しいことにぼったくりのタクシーは多く、旅行中しっかりと気を付ける必要があります。日本と同じ感覚でいるとすぐに騙されてしまうので、ホーチミン旅行の前には今一度タクシー利用の注意点を頭に入れておきましょう。

しかし、上手に利用できればホーチミンのタクシーは非常に便利。料金も安く、快適に素早く観光スポット間を移動できるので、ホーチミンの観光には欠かせない存在です。ホーチミンの観光がより快適になるように、ぼったくりには注意をしながらタクシーを利用してください!

参考記事

ぼったくりに引っかからなかった場合、ホーチミンのタクシー料金は非常に安値です。市内の主要スポット間の相場もぜひチェックしてみてください!
ホーチミンでのタクシーの相場を紹介!ぼったくりに要注意