トロントの図書館でプリンター・コピー機を使う方法

トロントの図書館でプリンター・コピー機を使う方法

トロントの図書館は利用していますか?

私は結構利用している方だと思います。

中でも、家にプリンターがないため、なにか印刷したいときは必ず図書館に行きます。

例えば、旅行などを予約したときにバウチャーを印刷する必要があったり、仕事を探すためにレジュメを印刷したり。

以外とプリンターが必要になるシーンはあるものです。

また、コピー機も日本ではコンビニを利用する人が多いと思いますが、それも図書館で利用可能。

今回はトロントの図書館でプリンターやコピー機を利用する方法をご紹介します。
 
 
 

 
 
 

プリンターを利用してパソコンからデータをプリントアウトする方法

 
 
プリントアウトは1枚15セントで利用可能。

プリンター利用に関しては、ブロアヤング駅近くのトロントリファレンスライブラリーとその他のブランチで方法が異なります。

リファレンスライブラリーを利用するときにはライブラリーカードが必要ですので注意してください。

もしもない場合は、印刷専用のカードを発行してもらうこともできますが、便利ですのでこの際に作っておくと良いでしょう。
 
 
プリンター利用の前に、トロントの図書館でのパソコン利用の方法は過去記事をぜひ併せてご覧ください。

関連記事:トロントの図書館でパソコンを使う方法
 
 
 

トロントリファレンスライブラリーでプリンターを利用する方法

 
 
事前準備:1階カウンターに行き、図書館カードにお金をチャージする。

1. パソコンで印刷したいファイルを開く。

2. 印刷ボタンを押し、必要があれば印刷設定の画面で設定を整える。

3. 印刷実行を押すとすぐに印刷が行われるわけではなく、IDを決める画面が表示されるのでIDを設定する。

注意1:IDはなんでもOKです。自分の名前をアルファベットにしたものなど間違えないものを付けましょう。

注意2:複数のデータをプリントアウトする場合は、1~3を繰り返し行い、全てのファイルに同じIDを設定します。

4. パソコンからログアウトし、プリンターの近くにあるプリンター専用となっているパソコンを探す。

5. ライブラリーカードをプリンター用パソコン周辺のカードリーダーに挿入。

6. パソコン画面の案内に沿って、先ほど決めたIDを入力しEnterを押す。

7. 先ほどパソコンから印刷するとしたファイル名が表示されるので印刷するものを全て選択。

8. Print Selected Jobsをクリック。
 
 
これで完了し、そばのプリンターから印刷物が出てきます。

カードを取り忘れないでくださいね。

 
 

リファレンスライブラリー以外のブランチでプリンターを利用する方法

1. パソコンで印刷したいファイルを開く。

2. 印刷ボタンを押し、必要があれば印刷設定の画面で設定を整える。

3. 印刷実行のボタンを押し館内のどこかにあるプリンターから出てくる印刷物を取る。

4. カウンターでプリントアウトした枚数を告げて現金で支払いをする。
 
 
この方法は自宅にプリンターがある場合とほとんど同じ手順で簡単ですよね。

注意してほしいのが、プリンターが利用しているパソコンのすぐそばにあるとは限らないということ。

なのでパソコンを使い始める前に、どこにプリンターがあるかを確認しなるべく目の届く範囲のパソコンで作業をすることと、複数のファイルを一度に印刷するときは、できるだけ時間がかからないように全てのファイルを開いてから印刷実行を押していくなどし、出てきた印刷物の盗難や取り違えを防ぎましょう。

 
 
 

トロントの図書館でコピー機を利用する方法

 
 
こちらはどの図書館でも同じ方法になっています。

リファレンスライブラリーでのプリンター利用と同様にライブラリーカードが必要です。

ちなみにコピー機のことは英語でPhoto Copyと言います。
 
 
事前準備:カウンターで図書館カードにお金をチャージする。

1. コピー機に行き、すぐ近くのカードリーダーにライブラリーカードを通す。

2. コピーしたいものを挟み、設定を変えてコピーする。
 
 
お金の支払いをカードでする以外は、日本のコンビニでコピーを取るときと変わりません。

ただしカナダでの標準の用紙はレターサイズと呼ばれるもので、A4とは少し大きさと形が違います。

なので、日本から持ってきたものでA4のものをコピーするときには、設定時に注意が必要です。

 
 
トロントの図書館でのプリントアウトやコピー機の利用は実はとっても簡単。

日本のコンビニには遠く及びませんが、至る所にブランチがあるので、家の近くやバイト先の近くなど便利な場所が見つかるはず。

留学エージェントでコピー機を利用しているという人をよく見かけますが、図書館の方が圧倒的に営業時間が長く、より便利です。

困ったら図書館のスタッフも手を貸してくれるはずなので、ぜひトライしてみてください。