トロントでのバイト探し!店側から見た実情

トロントでのバイト探し!店側から見た実情

ワーキングホリデーでアルバイトを探すとき、仕事の探し方やレジュメの書き方に最初は戸惑うと思います。

とはいえ、トロントはカナダの中でもワーホリに来る人が特に多い場所。仕事の探し方からレジュメの書き方まで、情報を得ることは本当に簡単。

 

中には自身のレジュメを公開している人なんかもいて、そのまま形式を借りて内容を書き換えることもできます。

また、語学学校や留学エージェントなんかではレジュメの書き方講座をしていたり、相談にのってくれるところも多いです。

 

なので、バイト探しに関しては、戸惑うことや上手くいかず壁にぶつかることはあれど、やり方がわからないまま自分で模索しなければいけないことはないと言えるでしょう。

 

 

しかしお店側からの見方はどうでしょうか?

 

私はトロントでフリーランスの仕事をしながら飲食店でもアルバイトをしています。

そこで私は、Kijijiのアカウントを持っていることと、日本語も使えるためe-Mapleへも投稿できるという理由で、採用をかけるときには私が記事を投稿&オーナーへの橋渡し役をしています。

 

かつ、バイトの中では二番目に勤務期間が長いため、誰を選ぶかについて軽く相談を受けることもありました。

 

そこで、飲食店から見た採用の裏側をご紹介したいと思います。

 

 

お手本のような綺麗なメール!でも英語は大丈夫?

 

Kijijiとe-Maple、どちらに採用情報を乗せてもたくさん連絡があります。

それだけ仕事を探している人は多いんですね。

 

たくさんメールをもらう中でとても面白いのが、Kijiji経由で来る日本人以外からのメールがなかなかカジュアル。

“Hi! I’m interested!”の一言にレジュメが添付されていたり(笑)

 

それに対して日本人からのメールは、きちんと自己紹介から始まり、まさにお手本のようなものが多数。

 

でも、文法がかなり怪しいのが多いんです。

主に冠詞が抜け落ちていたり、前置詞がおかしかったりのミスが本当に多い。

 

私のバイト先は、どこの出身でも良いから英語が中級程度には喋れる人を探していたため、その時点でOUT。

 

日本人のワーホリ勢から送られてくるレジュメは、どれも誰かに添削してもらったのか非常によく出来ていることが多いのに、なぜメールはチェックしてもらわないんでしょうか?

 

せっかくレジュメがよく書けていても、メールの段階でなしと判断されて見てもらえないことも。

メールで応募の際、英語に自信がない人はメールも誰かに添削してもらいましょう。

 

 

 

いつ勤務できるかが運命を左右する?

 

2018年1月からオンタリオ州の低賃金が時給14ドルになりました。

それまでは11.4ドルだったことを考えると、大幅な値上げです。

 

もともと、雇用主は可能な限り経費を削減したいと思うもの。

しかし、州の決定により人件費の大幅アップが強いられてしまったのです。

 

そこで、どのお店もアルバイトの勤務時間を減らしています。

私の周りも、勤務時間が大幅に減らされて嘆いている人がたくさんいるどころか、首を切られた人も数人知っています。

 

そんな中でバイトが見つかるの?という話ですが、見つかります。

 

お店側が人が欲しい時間にぴったり入れる人、であれば。

 

例えば、朝の8時から14時まで人が足りていないお店があったとします。

あなたがもし10時から14時までなら働ける人であった場合、お店側は8時から10時までの人をさらに見つける必要がありますが、2時間だけ働かせるということができないため、余分に人を働かせることになるわけです。

 

そうなることを避けるため、人手が足りてない時間にドンピシャで入れる人はとても有利。

逆にそうでなければ望みは薄いと言えるでしょう。

 

もちろん、自分自身の時間も大切なので、譲れない部分はこだわった方がいいと思いますが、そうでなければある程度時間を譲歩し、「その時間入れますよ!」をアピールすると良いでしょう。

どの時間でも、どんなシフトでもOKという人は、そのアピールを忘れずに。

 

 

美しいレジュメを書くことや、とにかくたくさんレジュメを落とすことも確かに大切。

でも、採用する側のことを少し考えると、きっと有利になります。

 

良いバイト先を見つけることは正直簡単だとは思いませんが、めげすに挑戦しましょう!