【日本食】Onnki Donburi【トロントレストラン】

【日本食】Onnki Donburi【トロントレストラン】

今回は昨年末にオープンした丼メニューを扱う日本食レストランのご紹介です。

新しいお店にトライするのが好きなので、まだ1度しか行けていませんが、初めて行ったときにまた来たいと思ったレストラン。

味も割と日本で食べる丼に近いので、日本の丼を恋しく思っている人にもオススメの1軒です。
 
 
 

 
 
 

Onnki Donburi(オンキドンブリ)


 
 
地下鉄ブロアヤング駅すぐ近くのレストラン。

Hydenストリート側の出口から出ると、外を歩くのはほんの数秒ととても便利です。
 
  
 
店名にDonburiとあるように、丼ものがメニューの中心です。

オーダーしたのは写真右Buta Fire(10.9ドル)と写真左Sake Lover(13.5ドル)

このButa Fireが丼で1番安いメニュー、Sake Loverが1番高いメニューです。

日本の吉野家や松屋といった丼レストランチェーンを思い浮かべると少し高く感じてしまうかもしれませんが、外食が高いここトロントでは良心的価格に思います。
 
  
丼が売りのレストランではありますが、丼メニューは5種類のみ。

この2種類に加え2018年5月現在で、Buta Red Fire、Tonkatsu Don、Ebi Donというメニューがあります。

そのほか唐揚げなどのサイドメニューが約5種類と、追加のライスにたまご、あとはソフトドリンクという超シンプルメニュー。

トロントのレストランって、メニューのバリエーションが豊富なことが多いですが、ここは少数精鋭スタイルです。

好き嫌いが多いという人は、メニューが変わる可能性もあるので事前に公式Facebookでメニューを確認すると良いかもしれません。

休業日についても、毎月公式Facebookにカレンダーがアップされていますので、行く前には要確認です。
 
 
使われている食材に日本っぽくない違和感のあるようなものはなく、割と日本っぽい味。

トロントのジャパニーズレストランの中には、リアルな日本食とは程遠いものもありますが、最近はかなり日本人の口に合うリアルなジャパニーズレストランも多く、ここもそのひとつです。

個人的には、「なんじゃこりゃ!」といいたくなるジャパニーズ風レストランも、トロントならではという感じがして結構好きなのですが、ここの丼はとてもほっこりしました。
 
 
 
駅からとても近くアクセスにも便利で、美味しい丼が食べられるこのレストラン。

テイクアウトもできるので、日本の有名丼レストランチェーン店でするようにお持ち帰りして食べることもできます。

日本の丼が恋しくなったときはぜひ行ってみてくださいね。