トロントでシェアハウス・ホームステイの相場はいくら?家賃について徹底解説!

トロントでシェアハウス・ホームステイの相場はいくら?家賃について徹底解説!

ワーホリや留学で毎月一番大きな出費となるのが家賃。これは日本で一人暮らしをしていても同じことですが、収入が減り出費が増えるワーホリや留学中はより安く抑えたいと思う人が多いです。

ではトロントでの1ヶ月の家賃相場はどれくらいなのでしょうか?今回はトロントで暮らすためのシェアハウスやホームステイの家賃について解説したいと思います。
 

安すぎ物件は要注意!トロントの家賃相場は?

家賃相場というと様々な条件によって一概に言えない部分がありますが、トロントのシェアハウスやホームステイの家賃相場は大体このくらい。

ホームステイ:月750~850ドル
シェアハウス(ダウンタウン):550ドル~
シェアハウス(ミッドタウン):500ドル~

 
シェアハウスは本当にピンキリです。上記の値段は個人的に「この家賃でそれなりに清潔な家に出会えたら結構ラッキー」だと思える最も安い値段で、実際には600ドルくらいは予算を見ておくと良いのではないかと思います。
かなり綺麗な家じゃないと無理!という人は予算を700ドルなど多めに考えておいてください。
 
逆にこの値段を下回るような、ものすごく安い家は注意が必要。たまに上記の値段を下回るような値段で、条件も良い家の広告を見かけますが、基本的には安い家は疑ってかかりましょう。留学生を狙った詐欺の可能性もあります。どうしても見学に行く場合は友達に同伴をお願いしたりと自衛が必要です。
 

トロントのシェアハウス、ホームステイ家賃に含まれているもの

まず、ホームステイの料金には1日3食の食事、水道光熱費、インターネット代が全てが含まれていることがほとんどです。基本的には交際費などを考えず生活するだけであれば、上記の家賃以外の出費は必要ありません。
 
シェアハウスの家賃には水道光熱費とインターネット料金が含まれていることが多いです。ただ、稀にインターネット代が別というところも見かけるので確認は忘れないようにしてください。家賃が安く思えても、インターネット代を別で払ったら結局高くついてしまうこともあります。その場合は、毎月決まった額をインターネット代として支払うところ、利用したインターネット代を住人の数で割るところなどがあります。
 

トロントでシェアハウスの家賃を安く抑えるには?

トロントでシェアハウスの家賃を抑えたい場合には、居住エリアをミッドタウンにまで広げて探すのが一番簡単な方法です。便利なダウンタウンに住みたいと思う人が多いですが、ダウンタウンの家賃はぐんと高くなります。地下鉄フィンチ駅の近くは、日本人留学生にも人気の居住エリアのひとつ。安い値段で綺麗な部屋が見つかりやすいことに加え、アジア系スーパーなどへのアクセスも良いことが人気の理由です。

反対に、ダウンタウン圏内で安いシェアハウスを探すとなると、清潔さを諦めなくてはならないことが多くなります。日本の住居レベルは高いので、ダウンタウンで家賃が安い家では「ここには住めない」と思うことも少なくありません。値段も抑えたいけど清潔さも重視したいという場合は、やはりTTCの地下鉄範囲内で端の方まで探してみるのがおすすめです。

ただし、家賃が安くなるからといって、治安の悪いエリアに住むことは絶対に避けてください。トロントにも居住におすすめできない治安の悪いエリアもあるので注意しましょう。
 

  

シェアハウスよりホームステイの方が高いというのは本当?

よく、ホームステイは高いからしたくない!という人がいますが、本当にそうでしょうか?ホームステイの家賃には食費が含まれています。3食込みで750ドルだと、例えば家賃600ドルのシェアハウスに住んで、1か月150ドルの食材非を支払っているのと同じ値段ということです。

レストランでアルバイトをして賄いで食費を浮かすことができるのであれば、シェアハウスの方が安いかもしれませんが、そうでなければ一概にホームステイの方が高いとは言い切れないのです。

トロントでの家賃の予算は十分に確保しよう

トロントのシェアハウス家賃はピンキリで、リノベーションの有無や駅からの距離など何を優先するかによって大きく異なります。家賃を抑えたいのであれば、ダウンタウンでなくミッドタウンに住むなどの必要があるでしょう。

よく家賃の予算を500ドル以下などかなり安く設定している人がいますが、あまりにも清潔感を無視した家選びなどで妥協をしすぎると、毎日快適に過ごすことができません。家賃を安く抑えての節約も悪いことではありませんが、毎日の生活でストレスが溜まってしまっては本末転倒。ある程度予算に余裕を持って検討することも重要です。