イエローナイフのオススメレストラン3選

イエローナイフのオススメレストラン3選

イエローナイフではカナダ中どこでもあるカジュアルなチェーンのレストランを利用したり、スーパーでパンやインスタント食品を購入したりもしましたが、何軒か素敵なレストランにも行くことができました。

今回はそんなお店を3軒ご紹介します。
 
 
 

 
 
 

Bullocks Bistro

 
 

 
 
ガイドブックやインターネット情報、また地元の人に聞いても、名物店として圧倒的に支持が高いオールドタウンにあるレストラン。

ランチタイム、ディナータイムを外して行きましたがあまり広くない店内は満席でした。
 
 
店内の壁や天井、テーブルに至るまで、ところ狭しと訪れた人の落書きやコメントが残されていたり、名刺や紙幣、写真が貼られています。

ここではイエローナイフの食材である、バッファローや~を中心としたメニューをいただくことができます。

基本的に、イエローナイフのレストランの価格はトロントなどの都市に比べて平均的にもほんの少々高めの設定ですが、ここは地元食材を食べれるとあって、さらに少しいいお値段。

しかし、地元で獲れた魚やお肉をいただくのは旅の楽しみでもあり、行く価値ありのお店です。
 
 

バッファローのステーキ

バッファローは臭みがあまりなく馴染みやすい美味しさ。上に乗せられた野菜のソテーは、たっぷりのバターで炒められていてコクもばっちりです。
 
 

バッファローのシチュー&魚のクラムチャウダー

他のメニューよりお手頃価格なのがこのふたつ。

しかしスモールとは思えない量のスープと、これまたがっつり盛られたポテトフライにサラダで大満足の一品。

バッファローはもともと食べやすいですが、シチューにするとさらに食べやすくなるので、抵抗がある人にもオススメです。

 
 
 

Coyote’s Bistro

ダウンタウンの便利なロケーションにあります。

こちらはもっとカジュアルながらも、バッファローやホワイトフィッシュなどの食材を楽しめるオススメレストラン。

店内は広々としていて居心地もバッチリ。

私はツアーの最安値プランを使い、ディスカバリーインというホテルに滞在したのですが、そこからだと歩いてほんの数分。

入り口は看板が出てはいますが少々わかりにくいというか、営業しているのかと不安になりました(笑)


 
 

バッファローのハンバーガー
ホワイトフィッシュフライ

どちらもオススメ食材をカジュアルに楽しめるメニュー。

バッファローのハンバーガーは以前にも食べたことがあったのですが、食べやすくてハンバーガーになっても違和感なし。

どちらも付け合わせにポテトやサラダが選べ、お腹もバッチリ満たされます。

 
 
 

Gold Range Bistro

こちらは地元食材を使った観光客向けのお店ではなく、どちらかというと地元の人へ向けたカジュアルなレストラン。

定番のブレックファスト~ブランチメニューから、中華料理まで幅広く揃います。

私が食事をしているとき、何人も常連さんらしき人が来て、オーナーと楽しそうに会話しているのが印象的でした。

定番ブレックファストメニュー。

しかしいつでも注文できるので、午後に訪れても大丈夫です。
 
 
 

イエローナイフ旅行は日数が4日以上になることが多いので、毎回外食するわけにはいかないかもしれませんが、地元食材を使ったレストランは特に必見です。