ダウンタウンのアクセス抜群リアル脱出ゲームRoundabout

ダウンタウンのアクセス抜群リアル脱出ゲームRoundabout

またまたリアル脱出ゲーム(エスケープゲーム)をしてきました。

ここ2ヶ月弱で3回目なので結構行きすぎ感はありますが。だって楽しいんやもん。1時間の娯楽としては料金も高いのですが、ついつい行ってしまいます。

今回もとても楽しむことができました。

かなり惜しくて一応脱出したのですが2回ほどヒントを聞いてしまったので本当の意味での成功はならず。トロントにいる間に一度くらいはパーフェクトにクリアしたい!いつも一緒に行っている超脱出ゲーム好きの友達も、今まで幾度となく行っていてもノーヒントでクリアは達成していないらしく。あと数ヵ月のしょうもない目標の一つです(笑)

さて、今回もお店のレビューをしてみようと思います。
 
 
 

Roundabout

 
 

地下鉄ダンダス駅の近くにあります。イートンセンターやダンダススクエアにも程近く、ダウンタウンど真ん中にありアクセスは抜群。とても気軽に行くことができます。

料金は税別一人29ドルと、他のエスケープゲーム店と大差はありません。

ゲームは5種類あり、予約の際に選ぶことができます。
 
 
細い階段を上がって店内に入ると待合室と呼べるようなものはなく、カウンター前やロッカーの前、廊下にお客さんがいて混雑していました。団体さんがいると道を譲り合うのにも一苦労です。早く着きすぎてしまうと座ったりゆっくりできないため時間を持て余しそうな気がします。
 
 
実際のゲーム部屋も、ロビー同様に結構狭いです。総じて全体的になにもかもが狭いという印象ですが、ダウンタウンのこの立地だとそれは仕方ないですね。今回挑戦した部屋は、狭さも雰囲気を出す要素の一つだったのでこれはアリかなと思いました。
 
 
ゲーム自体は楽しかったのですが、ちょっぴり設備が古いです。ゲーム内のアイテムも少しボロボロな印象でした。これはどれくらいプレイされたかによっても変わると思うので、新しいミッションはマシかもしれません。

古いだけなら良いのですが、機械の接触不良で最後の謎が解けなかったのが残念ポイント。これはゲームに影響するのでダメですね。幸い明らかに機械がおかしいと気づくことができたのでスタッフさんを呼べましたが、脱出ゲーム初心者ならただ謎が解けていないだけかと思ってそこで詰まってしまうことも考えられます。今回これが唯一にして最大の残念ポイントでした。
 
 
それぞれの仕掛けや謎は難しくも納得いくものばかりでクオリティ高め。2箇所分からずにヒントを聞いてしまったのですが、「ああ~!!」と声を漏らしてしまう巧妙なものでした。
 
 
このお店はゲームを遊んだあとに素敵な写真が撮れるというのも嬉しいポイントの一つ。写真撮影用のちょっとした仮装グッズのようなものが置いてあるお店は多いですが、ここは数が段違い。”Best Team Ever!”などの文字入りプレートなど、楽しい一日の記念になる写真が撮れますよ。
 
 
ダウンタウンにあってとても行きやすいRoundabout。ぜひとも挑戦してみてくださいね。