神経衰弱は英語で何て言う?日本とは少し違うルールも覚えよう!

神経衰弱は英語で何て言う?日本とは少し違うルールも覚えよう!

神経衰弱は英語で何て言う?


裏返したトランプのカードから記憶力を頼りにペアを探すゲームの神経衰弱。そんな神経衰弱は英語で何というか知っていますか?実は、神経衰弱は英語で下記のようにさまざまな呼び方があります。

Concentration
Memory
Pelmanism
Match Match
Pairs

一般的にはConcentrationもしくはMemoryと呼ばれることが多いですが、他の言い方をされることもあるので、呼び方がたくさんあることを覚えておいてください。
 

神経衰弱の海外でよく見られるルール


日本でも神経衰弱は地域や人によって微妙に異なるルールで遊ばれることがあります。海外では、ペアの定義や並べ方など、日本で最もよく見られるルールとは若干異なる部分もあるので、ぜひ覚えておきましょう。
 

ゲームの準備

トランプは52枚の標準的なデッキを使用します。ジョーカーが2枚含まれているデッキの場合、ジョーカーを入れた54枚でプレイしても構いません。用意したカードをよくシャッフルし、全て裏返しにして並べます。

ぐちゃぐちゃに置いてプレイすることもありますが、まっすぐきれいに並べる方が一般的です。52枚のカードの場合は13枚のカードを1列にし、4列に並べてください。ジョーカーを2枚加えて54枚にした場合、9枚のカードを1列にし、6列に並べます。
 

基本の進行とルール

1) プレーヤーは並べられたカードの中から2枚を選び表に向けます。

2-1) 2枚のカードが同じ数字・同じ色(ハートの2とダイヤの2、クラブのAとスペードのAなど)であればその2枚はペアとなり、プレーヤーはその2枚を得ることができます。この場合、同じプレーヤーのターンが続きますので、再び並べられたカードから2枚を選びます。

2-2) 2枚のカードが同じ数・同じ色でない場合、プレーヤーはカードを得ることができません。この場合、2枚のカードを再び裏返し、左隣の人にターンが移ります。

3) 1と2を繰り返し、並べたカードが全てなくなるまでゲームを続けます。全てのカードがなくなったら、プレーヤーは自分の獲得したカードを数えてください。最もたくさんカードを獲得していたプレーヤーの勝利となります。

日本一般的な、同じ数字であればカードの色に関わらず獲得できるルールで遊ばれることもありますが、数字と色のどちらも合っていないといけないルールの方がより一般的ですので覚えておきましょう。
 

ゲームのバリエーション

海外での神経衰弱は、追加ルールを含めて遊ばれることがあります。神経衰弱のバリエーションと、その英語表現を覚えましょう。

Any Color カードの数字が同じなら、色は同じでなくてもペアとなる(ハートの3とスペードの3でもOK)というルール。このルールの場合、ペアになりにくいジョーカーは2倍の枚数としてカウントとするというルールがさらに追加されることも多いです。

One Flip 全員1ターンにつき1回(2枚)のみカードをめくれるというルールです。めくったカードがペアでも、同じプレーヤーがゲームを続けるのではなく、次のプレーヤーに順番が移ります。

Zebra 同じ数で違う色のカードをペアとみなすルールです。例えば、スペードの4とペアになるのはハートの4かダイヤの4ということになり、クラブの4とはペアになりません。

Two Decks トランプを2デッキつかってゲームを行い、同じ数・同じ柄(ハートの5とハートの5など)のものをペアとするルールです。
 

神経衰弱は英語でいろんな呼び方がある!


神経衰弱は英語でConcentrationまたはMemoryと呼ばれることが多いですが、それ以外にも複数の言い方があります。また、ルールも日本で一般的なものとは微妙に異なったり、日本ではあまり知られていない追加ルールを使ったりすることも。神経衰弱の英語での言い方と、海外でよく見られるルールを覚えて、神経衰弱で遊んでみましょう!