すごろくは英語で何て言う?海外でも遊ばれる類似ゲームも紹介!

すごろくは英語で何て言う?海外でも遊ばれる類似ゲームも紹介!

すごろくは英語で何て言う?


日本で古くから遊ばれ、とても親しまれているボードゲームと言えばすごろくです。誰もが一度は遊んだことのあるゲームであると同時に、子供の頃に紙にマス目を描いてオリジナルのすごろくを作ったことがあるという人も少なくないのではないでしょうか?そんな日本では定番のボードゲームであるすごろくですが、英語で何と言うか知っていますか?実は、英語にはすごろくに相当する言葉がありません。ただし、すごろくに相当する言葉がないだけで同じコンセプトのゲームはあるので、どんなゲームかを解説すればすぐに理解してもらえるでしょう。

(例)
Sugoroku is a Japanese board game. The object is to navigate a game piece from the start to the finish according to dice roll.

すごろくに関連する英語表現

すごろくを英語で遊ぶときには、すごろくで使われる英語表現を知っておきましょう。すごろくはトランプゲームなどに比べると、会話も必要になるので、必要な表現を知っておくと便利です。

2マスすすむ move forward 2 spaces
2マス戻る move back 2 spaces
サイコロを振る roll the dice
1回休む lose a turn
振り出しに戻る back to square one

海外で遊ばれるおすすめすごろく

The Game of Life

元祖進化版すごろくと言えばこれ!というほどに人気の高い人生ゲームは、もともとアメリカで発売されたボードゲームであり、英語ではThe Game of Lifeと言います。ゲームを通して一つの人生を体験するようなコンセプトが特徴の人生ゲームでは、結婚をしたり就職をしたりと、自分の人生とは違う生活を体験できるような感覚も魅力です。

人生をテーマにした人生ゲームでは、実際に日々の生活で出会う可能性のある英語ばかりが出てくるので、英語の学習目的でもおすすめのボードゲームと言えます。

ボードゲーム 英語 アメリカ 海外ゲーム Hasbro The Game of Lifeボードゲーム 英語 アメリカ 海外ゲーム


 

 

The Game of the Goose

日本で現在遊ばれている形式のすごろくは、15世紀ごろから遊ばれていたと言われています。日本のすごろくは日本で独自に発展したものですが、西洋文化にもすごろくに近いゲームは古くから存在していました。そのルーツとも言うべきゲームがThe Game of the Goose(ガチョウのゲーム)です。

63マスのマス目で構成されており、1回休みや振り出しに戻るなど、日本のすごろくでもお馴染みの指示がたくさん出てくるシンプルなゲームで誰でも遊びやすい双六と言えます。

Snakes and Ladders

Snakes and Ladders(蛇と梯子)は、海外でも特に知られているすごろく形式のボードゲームです。英語版のウィキペディアでは、日本のSugoroku(すごろく)の説明として、「Snakes and Laddersのような日本のボードゲーム」という表現があるほど英語圏の国では高く認知されています。

マス目に特別な指示が書いてあるわけではありませんが、はしごがあるマスに止まればはしごを使ってショートカットができたり、蛇のいるマスに止まれば蛇によって後ろに戻されたりといったことが起き、盤面のシンプルさからは想像できないほどに盛り上がるゲームです。

すごろくを英語でも遊んでみよう!

すごろくは日本の言葉であり、日本独自に発展を遂げたボードゲームなので、英語での表現はありません。しかし、海外にも同様のコンセプトのボードゲームはあるので、どんなゲームかを英語で表現すれば分かってもらえるでしょう。種類は多くありませんが、海外でも良く遊ばれているすごろくはいくつかあるので、チャンスがあれば英語を使ってすごろくをしてみてはいかがでしょうか。