ダウンタウンにあるセントジェームズ教会【トロント観光スポット】

ダウンタウンにあるセントジェームズ教会【トロント観光スポット】

トロントはもちろん、カナダにはたくさんの教会があります。

教会と聞くと何だか中に入ってもいいのかとためらってしまう人も多いかと思いますが、キリスト教徒でなくても誰でも出入りできるところは多いです。

日本から観光旅行や留学で来たらせっかくなので一度は訪れてみたいですよね。

今回はトロントのダウンタウンにある教会をご紹介します。
 
 
 

 
 
 

セントジェームズ教会(The Cathedral Church of St. James)

 
 

ダウンタウンど真ん中にあり、地下鉄キング駅から歩いてたったの5分。

トロントに来たら外せない観光スポットであるセントローレンスマーケットからも徒歩約5分とほど近く、併せて観光するのもオススメです。

このあたりのエリアはオールドタウン(旧市街)と呼ばれ、タイムスリップをしたかのような建物など古き良き街並みが広がる美しい場所。

しかし、ケベックやモントリオールにある旧市街とは少し雰囲気が違い、過去に起きた火事で燃えてしまった建物も多く、現在では現代風の建物とノスタルジックな建物の入り混じるエリアとなっています。
 
 
 
そんなエリアにあるセントジェームズ教会は1850年から建設が開始された美しい教会です。

何といっても、立派なこの高い尖塔が美しいです。

オールドタウンの街並みでもひときわ目立つ重要な建物。

トロントには数多く大きな教会がありますが、中でも惚れ惚れとしてしまうような存在感があります。
 
 
外観だけではなく内装も大変美しく、ステンドグラスは特に必見です。
 
 
リサイタルも定期的に行われていて、火曜日の13時と日曜日の16時にはパイプオルガンの音色を聴くことができます。

それ以外の時間帯にも運が良ければ聖歌隊の練習風景などを見ることができることも。
 
 
 
そして、教会のすぐそばにはセントジェームズパークという公園が広がり、極寒の冬以外の時期であればこちらも併せて楽しめます。

暖かくなるとカラフルな花でいっぱいになる美しい花壇を中心に、ダウンタウンど真ん中とは思えない広さの自然が広がります。

ベンチや芝の上でのんびりしたり、観光で疲れたあとにゆったりとした時間を過ごして休憩するにはもってこいの場所です。
 
 
 
ダウンタウンにありながらノスタルジックな雰囲気を感じられてオススメのオールドタウン。

そんなオールドタウンの散策では、セントローレンスマーケットと共に欠かせないスポットです。

トロントの観光ではぜひ訪れてみてくださいね。