【食事系ワッフル】The Dirty Bird Chicken + Waffles【トロントレストラン】

【食事系ワッフル】The Dirty Bird Chicken + Waffles【トロントレストラン】

今回は久しぶりのレストラン紹介をしようかなと思います。

そのお店は食事系ワッフルを専門にしているカジュアルなお店。

ワッフルはそもそも甘いものというイメージがあるとは言え、日本でも食事系のワッフルという発想自体はあるのでそんなに珍しくもないと思います。

でも、ここカナダではワッフルとチキンとメープルシロップという組み合わせが人気。甘いメープルシロップにしょっぱいチキンというのがカナダのの食事系ワッフルの定番です。

個人的には食事は甘くない方が良いのであんまり理解できないのですが(コラ)、食べてみたら案外美味しかったんです。甘いものとしょっぱいものの組み合わせが好きな人が多いのもやっとちょっとわかった気がします。それ以来、違うお店でも同じようなメニューを注文したりもしました。

今回紹介するお店はファストフードとカフェの中間のようなカジュアルな雰囲気なのでぜひ気軽に試してみてください。
 
 

The Dirty Bird Chicken + Waffles

 
 

 
 
地下鉄バサースト駅近くにあるお店。

フローズンヨーグルトショップであるYogurty’sと同じ店内に2店舗存在するという変わった形で営業しています。
 
 

 
 
上のTHE BIG DIRTYというメニュー以外のワッフルメニューは全てサラダが付いてきます。

このTHE BIG DIRTYは美味しかったけれどサンドイッチのように食べるのは大きさ的にちょっと無理があって。それ以外のワッフルは全部写真下にあるようなオーソドックスなもので、そっちの方が食べやすいなという印象です。
 
 
カジュアルなお店ですが、がっつりチキンを使用しているメニューとあって、お値段はお店の雰囲気に比べて高いと感じました。ワッフルメニューはどれも14~15ドルという設定になっており、サイドのポテトフライも8ドルという設定です。

とはいえ、この手の食事系ワッフルを提供しているのはパブやバーが多く、そうなるともっと高額なことがほとんどなので、それを考えるとお手頃なのかなとも思います。
 
 
チキンは衣もとても美味しく、それだけでも食べ応えのあるもの。甘いメープルシロップはしっかりした生地のワッフルによく合います。
 
 
お食事系ワッフルにカナダ名物のメープルシロップの組み合わせはなかなか癖になること間違いなし。

パブやバーでよく見かけるメニューというのも納得です。

ぜひ一度トライしてみてくださいね。