【ウエスタン】The Federal【トロントレストラン】

【ウエスタン】The Federal【トロントレストラン】

今回はトロントでとても人気のレストランをご紹介したいと思います。

北米ではいわゆるブランチといって、朝食と昼食をかねた食事は非常にポピュラー。特に休日は多くのレストランがブランチメニューを提供していて、多くの人がブランチを楽しんでいます。

料金も、ディナーに比べてかなり低めであることが多いというのも人気の理由の一つでしょう。

そんな、ブランチを提供するレストランには、行列ができるほど人気の高いところも多いですが、今回ご紹介するのはその一つ。休日にはいつも大行列ができる人気店です。
 
 

The Federal(フェデラル)

 
 

 
 
ダファリンとダンダスウエストストリートの交差点近くのレストラン。

地下鉄ダファリン駅から29番のバスで南へ、もしくは地下鉄セント・パトリック駅からバスもしくはストリートカーの505番で西に行くとあります。
 
 

 
 
ここのブランチは休日だけでなく毎日9時から15時まで提供されいるのが嬉しいポイント。

休日はお店の外に列ができるほどの人気なので、時間がとれる場合は平日に行くのがオススメです。

今回は平日の12時に行きましたが、待つことなくすぐに入店できました。それでも店内は常に8~9割埋まっていたので、人気の高さがうかがえます。
 
 
 
メニューはオーソドックスな卵を使ったものや、サンドイッチなど。


 
 
コーヒーはお代わり自由です。
 
また、11時からはアルコールの提供もあります。特に休日のブランチでは、食事と一緒にお酒を飲むのも北米で人気のスタイル。
 
 
 
今回はCurry Chickenのサンドイッチを注文しました。
 

 
 
サンドイッチや卵のメニューはどれもサラダとロスティ(Rosti)と一緒に提供されます。

単なるポテトフライやビーンズが添えられているブランチメニューが比較的一般的で、ロスティが付いてくるのは個人的にとても嬉しいと思いました。
 
 
サンドイッチはスパイシーではなくちょっとクリーミーで口当たりのよいカレー味。カレーと言っても日本のカレーとは違いパンによく合います。
 
程よくトーストされたパンにカレーソースが染みて絶妙なちょうどいい食感に。
 
 
サンドイッチも北米サイズで大きめですし、ロスティはポテトで作られているのでかなり満腹度は高いです。かなり久しぶりに途中でギブアップしてしまいました。
 
 
店の雰囲気も落ち着いていて、ブランチメニューは絶品。

かなりオススメのレストランでした。