トロントのシェアハウス事情を徹底解剖!住まいに関する疑問を解決

トロントのシェアハウス事情を徹底解剖!住まいに関する疑問を解決

トロントのシェアハウスの実情!

トロントでの長期留学やワーキングホリデーでは、シェアハウスで暮らしたいという人が大半。最初の1~3ヶ月間ホームステイをし、そのあとシェアハウスでの生活に移るという人が多いです。

日本でもシェアハウスが増えてきてはいるものの、まだまだ一般的ではないので、トロントでのシェアハウスが初めてのシェアハウス経験となる人も少なくありません。そもそも、日本とは大きく住宅事情が異なるトロントなので、日本の常識が通じないことも多々あります。トロントのシェアハウス事情から探し方、家賃の相場まで徹底的に紹介します。
 

さまざまな国籍の人と住める可能性がある


トロントのシェアハウスでは、さまざまな国籍の人と暮らせる可能性があります。移民の多い国のカナダの中でも特に多国籍な都市であるトロントには、さまざまな国からの移民や留学生がいるからです。特に、引っ越してきてすぐの学生や若い人たちは、自分のアパートを契約する金銭的な余裕がないことが多く、シェアハウスで暮らしているという人がほとんど。家でも多国籍な環境の中に身を置けるというのはトロントのシェアハウスの魅力の一つです。
 

良いシェアハウスを見つけるのはかなり難しい

シェアハウスに限らず昨今のトロントの住宅事情は非常にシビアです。不動産の価格が高騰し、家賃がとても高額になってしまっています。住宅やコンドミニアムの料金が上がっているということは、当然シェアハウスの家賃も少しずつ上がっている状況で、安くて良いシェアハウスを見つけるのは至難の業です。

また、そもそもトロントでは家や部屋が必要な人に対して、空き部屋の数が少ないという実情も。部屋を借りたい人、つまりはライバルが非常に多く、良いシェアハウスはどんどん取られていってしまいます。最終的に家賃やロケーションなどどこかを妥協して借りている人が多いのが実情です。
 

日本人留学生は北部に住みがち

家賃の上がり続けるトロントでも、ダウンタウンより郊外の方がや家賃が下がることは言うまでもありません。そのため、ダウンタウンから少し離れたところに住む人が多いのですが、日本人に特に人気のエリアはトロントの北部です。地下鉄のノースヨーク駅からフィンチ駅のあたりまで離れると、中心部に比べて安くて清潔な家が多くなることから、どうしても清潔さを妥協できない日本人に人気。このあたりは韓国料理店も多く、アジア系スーパーなどもあるので、日本人が生活しやすいエリアということもあります。
 

トロントのシェアハウスに関する疑問


トロントでの生活を待ちわびている人の多くが、シェアハウスでの経験にわくわくしていることでしょう。しかし、日本ではあまりなじみのないシェアハウス生活に関する疑問も多いはずです。ここでは、よくあるトロントのシェアハウスに関する疑問と、実際はどうなのかという点についてご紹介します。
 

日本人以外と住むことは可能?

ワーキングホリデーに行く人の中には、絶対に日本人がいない環境で働きたいと思っている人が多いです。それと同様に、シェアハウスでも日本語環境は嫌だと思っている人がほとんどでしょう。トロントはカナダの中でも日本人が多い都市なので、残念ながらシェアハウスの住人に日本人がいるという可能性は決して少なくありません。

しかし、見学に行った際に「どんな人が住んでいるか」ということは確認することができるので、日本人がいるかいないかということを確認すれば回避することも可能。また、後述しますが、日本人向けのクラシファイドであるe-Mapleではなく、英語のクラシファイドであるCraigslistやKijijiを使えば日本人以外の住むシェアハウスを見つけることは可能です。
 

他の人と暮らすって安全なの?

シェアハウスに馴染みのない日本人からすると、同じ家に他人と住むのは安全なのかと不安になってしまうこともあるでしょう。結論から言うと、トロントのシェアハウスの中で盗難などがあったという話はあまりなく、貴重品の管理など自衛は必要ですが、過剰に心配することはありません。特に、シェアハウスを探す際は、個室に鍵が付いているかを必ず確認するようにしましょう。出かけるときやシャワーを浴びるとき、寝るときなど、自分の部屋に鍵をかけることができるので安心です。
 

シェアハウスは英語環境になるの?

シェアハウスのイメージとして、同居する人と毎日楽しく過ごす生活を思い描いている人も少なくありません。しかし、どういう人が住んでいるかによって、シェアハウスでの生活は大きく異なります。頻繁に住人同士でパーティをしたり、一緒に食事をしたりするようなシェアハウスもあれば、他の住人とほとんど顔を合わせないようなシェアハウスも。ここまでシェアハウス探しの段階で見極めるのは困難なので、こればっかりは運になってしまうため、映画やドラマのようなシェアハウス暮らしを期待しすぎるのは禁物です。
 

トロントのシェアハウスの家賃相場は?


トロントのシェアハウスの家賃はピンキリで、400ドルから1,000ドルを超えるものまでさまざま。日本人の感覚として住んでも良いかなと思えるレベルの清潔さの家の底値は、ダウンタウンで550ドル、ミッドタウンなら500ドル程度から何とか見つかります。しかし、これはあくまでもラッキーな場合の底値なので、予算としては600ドル程度を見ておくと良いでしょう。かなり清潔な家を望む場合や、ダウンタウンの駅近物件などはさらに高額になります。

参考記事

家賃相場や、家賃を下げるコツも詳しく紹介しているので、トロントのシェアハウスの家賃についての詳細はこちらをご覧ください!
トロントでシェアハウス・ホームステイの相場はいくら?家賃について徹底解説!

 

トロントのシェアハウスの探し方

クラシファイドで探す


トロントのシェアハウスを探す正攻法とも言える最もポピュラーな方法は、クラシファイドサイトを利用する方法です。クラシファイドは誰でも使える広告掲示板のようなウェブサービス。日本でもジモティというサービスがスタートし、やや知名度が上がっています。これらのサイト上に、シェアハウスのオーナーが空き部屋情報を掲載しているので、自分の条件に合う物件を見つけ、直接オーナーとやり取りや見学の申し出をし、気に入れば直接そのオーナーと契約するという方法です。

トロントのシェアハウス探しには次の3つのクラシファイドが利用できます。

・e-Maple(イーメープル):カナダ在住日本人向けクラシファイド
・Cragslist(クレイグスリスト):世界的クラシファイド
・Kijiji(キジジ):カナダ国内のクラシファイド
参考記事

各クラシファイドの使い方や、実際にシェアハウスを探す流れについては別の記事で詳しく説明していますので、併せて読んでみてください!
シェアハウスの探し方!トロント留学・ワーホリ向け

 

友達に聞いてみる

トロントのシェアハウス探しは結構シビアなので、なかなか良いシェアハウスに出会わないこともあります。そこで頼りになるのが友達の存在です。トロントでできた友達に「あなたの住んでいるシェアハウスに空きはない?」「周りの友達でもうすぐ帰国する(=今住んでいる部屋を退去する)人はいない?」などと聞いてみると、有益な情報が得られることも。トロントでのシェアハウス探しに苦戦したら、ためらわず友達に助けを求めてみましょう。
 

トロントのシェアハウスで気を付けたい治安の悪いエリアとは?

基本的に治安は悪くないトロントですが、一部気を付けたいエリアも。トロントで最も治安が悪いとされ、ローカルの人でも近づかないようにアドバイスするのが、トロント北西部にあるジェーン&フィンチです。トロント中心部からかなり離れるので、わざわざここに住もうという人はいないと思いますが、念のためシェアハウス探しの前には頭に入れておきたい要注意スポット。また、エグリントンウエスト、シャーボーン通りも比較的雰囲気の良くないエリアになるので、できれば避けておく方が賢明です。

参考記事

トロントの治安が悪いエリアの具体的な場所や詳細についてはこちらの記事をご覧ください。
トロントの治安が悪い地域って?シェアハウス探し前に知っておこう

 

トロントのシェアハウスで暮らすときの注意点


シェアハウスでは他人と同じ家に住むことになるので、日常の小さな不満やトラブルが生まれることはあります。シェアハウスで快適に住むためにも、シェアハウス暮らしの心得を覚えておきましょう。
 

ハウスルールを確認し、守る

シェアハウスに住む場合、ハウスルールの確認は忘れないようにしてください。ハウスルールとは、その家に住む上での決まりごとのことで、掃除当番があったり、キッチンやシャワーの使用時間に制限があったり、住人以外の立ち入り禁止などのルールがあったりします。

もちろん、重要なルールに関してはオーナー側から説明があるはずですが、うっかり忘れていることもあるので、見学に行く段階で「ハウスルールはありますか?」と確認しておいてください。ハウスルールは他人が同じ家で快適に暮らすために決められたルールなので、しっかり守るようにしましょう。
 

他の入居者への気遣いを忘れない

ハウスルール以外にも、他者への気遣いはとても重要です。複数人がキッチンやバスルーム、洗濯機などを共用することになるので、気遣いがなければ成り立たないことが多くあります。

例えば、料理に使ったフライパンやまな板などの調理器具は、他にも使いたい人がいるかもしれないもの。一人暮らしなら、食べ終わって食器を片付けるときにまとめて洗っても構いませんが、すぐに使いたい人がいる可能性を考え、調理が終わったらすぐに洗ってあげるようにすると親切です。自分がされて嫌なことはしないように、同居者への配慮を忘れないでください。
 

嫌なことがあれば丁寧に相談を

自分は他の入居者への配慮をしていても、他の人が自分を気遣ってくれないケースも残念ながらあるかもしれません。食器を出しっぱなしにしていたり、シャワールームの使い方が綺麗ではなかったり、不満が募ることもあるでしょう。その場合は、「~をしないでほしい」ということを丁寧に頼んでみてください。特に相手が日本人ではない場合、単に日本人と考え方が違うだけで、頼めば気づいて直してくれることもあります。
 
 

 

トロントで良いシェアハウスを探して楽しく暮らそう!


トロントでのシェアハウスは、留学・ワーキングホリデーの中でもたくさんの時間を過ごすことになる場所です。日本ではなかなかできない経験として、良い思い出の一つになること間違いありません。シェアハウス探しや、慣れない生活には苦労することもあるかもしれませんが、貴重なトロントでのシェアハウス生活を楽しみましょう!