トロントの観光旅行に必要な日数は?

トロントの観光旅行に必要な日数は?

広大な土地を持ち、見所いっぱいのカナダ。中でもトロントは大都市として有名ですよね。

そんなトロントに観光旅行で来るとしたら、何日確保しておくのが良いでしょうか?

今回は目的や状況別に必要な日数を考えていこうと思います。
 
 

前提:ナイアガラの滝観光にプラス1日を

 
 
トロントから人気観光スポットであるナイアガラの滝まではバスで約2時間。トロントに来るなら外せない場所です。

格安バスであるメガバスを中心に朝早くから夜遅くまで移動手段があります。また、トロントを出発してナイアガラの滝と周辺のワイナリーなどを巡る日帰りツアーも多く組まれています。

基本的にはトロントからの日帰り観光で十分楽しめますので、下記の全ての日数にナイアガラの滝用に1日プラスすると良いでしょう。
 
 
 

外せない王道スポットを回るには2日で十分

 
 
トロントは都会という意味で大都市ですが、ダウンタウンや中心地と呼べるエリアは大変狭いエリアに固まっています。

また、地下鉄の運行間隔は非常に狭く、地下鉄がないエリアにはバスやストリートカーがくまなく走っていて交通網も整っていると言え、各スポットの移動にも時間がかかりません。

そのためトロントの有名スポットのみを回るには2日で十分でしょう。
 
 
 

博物館・動物園・トロントアイランドに行くなら3日間

 
 
基本的には2日で押さえておきたいポイントを見て回れるトロントですが、ロイヤルオンタリオ博物館、トロント動物園、トロントアイランドのいずれかに行きたいと思っている場合には1日足して3日にしておくのが賢明。

まず、ロム(ROM)ことロイヤルオンタリオ博物館はとても広く展示物もたくさん。見たい展示をピックアップして回れるのであれば構いませんが、そうでなければ4~5時間みておく方が良いといいくらいの規模です。

同じくトロント動物園も非常に広く、見て回るのに時間がかかります。また、トロント郊外にあるため移動にも時間がかかるのです。

トロントアイランドはトロントのダウンタウンからすぐ行ける島ではありますが、こちらも島自体が大変広く、さらには島内でできるカヤックなどのアクティビティもあり、島を楽しもうと思うと十分に時間をみておくのが良いでしょう。

これらの規模の大きい3スポットのどれかを訪れたい人は3日間は確保しておくと良いです。
 
 
 

イベントに参加するならプラス1日

 
 
トロントでは夏になるとたくさんのイベントが目白押しです。ほぼ毎週末なにかしらのイベントがあるといっても過言ではありません。

特に6~8月の週末にトロントを訪れるのであればイベント情報のチェックを。

有名な人気イベントが開催されているようであれば、プラス1日にしてイベントを楽しむのが良いでしょう。

中でも8月半ばから開催されるCNEや6月末のプライドパレードなどは必見です。
 
 
 

まとめ:事前調査で余裕をもったスケジューリングを

 
 
いかがでしたか。

トロントの街を散策するだけであれば2日もあれば十分ですが、一部見て回るのに時間がかかる施設もあります。また、トロントではイベントもたくさんあるので、人気イベント開催時にはそのイベントに訪れる時間をとるのも良いでしょう。

ガイドブックやインターネットで調べて、行きたいスポットを先にピックアップしてから日数を考えるのがオススメです。