世界レベルの広さ!トロント動物園【トロント観光スポット】

世界レベルの広さ!トロント動物園【トロント観光スポット】

 
今回はトロントの観光地、トロント動物園についてまとめてみたいと思います。

私がトロント動物園に行ったのは約一年前。

トロントに来てまだ1ヶ月も経っていないときでした。

学校で仲の良かった友人姉妹から、「ホストマザーがトロント動物園に連れていってくれるから一緒に行こうよ」との誘いを受けて行くことに。

本当に正直に言うとちょっと迷ったんです、トロント動物園ってかなりダウンタウンから遠いしと思って。

でも遠いからこそ、せっかく車に乗せてくれる人がいるんだし、友達と遊びたいのは遊びたいし、と思って参加しました。

結果楽しくて行って良かった!

動物園自体がものすごく久しぶりでしたが、とても満喫したのを覚えています。

今回はそんなトロント動物園についてです。
 
 

トロント動物園への行き方

ダウンタウンからはちょっと離れるトロント動物園。

ダウンタウンからは車で30分から40分ほどかかります。

1時間から1時間半かかりますが、TTCを利用して行くことも可能。

地下鉄ライン2(ブロアダンフォースライン)で東の終点ケネディ駅まで行き、そこから86番のバスで約40分。

Meadowvale Rd at Zoo Rdというバス停で下車して徒歩約3分ほどです。
 
 
 

トロント動物園の入場料金

トロント動物園の入場料は時期によって値段がかわります。

2017~2018年の場合、10月10日から5月4日までの期間は大人一人税込み23ドル、5月5日から10月8日までの期間は大人一人税込み29ドルです。

トロントシティパスの対象施設にも含まれていますので、観光で来て短期間でたくさんの観光地をまわるときや、留学でも友達同士で一気にトロントの観光地をまわる計画を立てているときなどは、それを利用する手もあります。
 
 
関連記事:トロントのシティパスはお得?購入方法や有効期限は?
 
 
日本の動物園って数百円のところが多いので結構高く感じてしまいますが、規模などが全く違いますのでなかなか比較できるところではないかなと思います。
 
 
 

トロント動物園の営業時間

営業時間も時期によって変わるので注意が必要です。

2018年5月5日から9月3日までの期間は毎日9時から19時まで営業しています。

そのあと秋になると9時半にオープンし平日は16時半まで、週末も18時半までの営業に変わります。

冬の期間は毎日16時半までの短時間営業です。

営業時間が長いことと、冬はとにかく寒さが厳しいので、トロント動物園に行くのであれば夏季が圧倒的にオススメ。
 
  
 

トロント動物園はとにかく規模が大きい!

トロント動物園はとにかく広い!

287ヘクタールという広大さは想像しにくいかもしれませんが、これは東京上野動物園の約20倍の広さになります。すごい…。
 
 
行ってみて個人的には動物園というよりサファリパークに近い印象を受けました。

日本の動物園とは違い、ただっ広い空間に動物が放たれているのです。

といっても、檻や柵がないわけでは決してありません。

その柵で人間と隔てられた空間がめちゃくちゃ広いのです。

動物によっては、動物が人間から隔離されているのか人間が動物から隔離されているのかわからないというほど。
 
 
さて、そんなに大きいとなると大変なのは散策すること。

一通りぐるっと見る、というのがなかなか大変なレベルです。
 
 
 

トロント動物園のレストラン・食事

トロント動物園ではいたるところにカフェやファストフード店があります。

広大な動物園散策に疲れたらゆっくり座って休憩するのが良いですね。

また、園内にはピクニックサイトと呼ばれるエリアが存在します。

これは文字通りピクニックをするためのエリア。

お弁当を持参して気持ちよい自然の中で食事をするのもオススメです!


 
 
  

広大なトロント動物園は一見の価値あり!

カナダで一番大きいこの動物園。

広大な土地を持つカナダならではの空間でとてもオススメ。

子供のためのものではなく、大人でも十分楽しめます。

暖かい季節にはピクニックを兼ねて、足を延ばしてみてはいかがでしょうか!