トロントの古着・中古品ならここ!バリュービレッジ

トロントの古着・中古品ならここ!バリュービレッジ

古着や中古品ってよく買いますか?

英語ではセカンドハンドと言いますが、私は個人的にちょっと苦手。

トロントに来てから、クラシファイドを通して服を購入したことは何度かあるのですが、その場合はメールでやり取りしている段階から人柄がうかがえたり、受け渡しのときに実際に会うことによって、使っていた人がわかるので大丈夫なんです。

でも、古着屋さんなどで売っているものはあまり買った経験がありません。
 
 
しかし、私の友人がほぼ毎週末通っているセカンドハンドのお店があります。

それがバリュービレッジ。

友人は頻繁に通って、実際には70ドル以上するようなブランドのシャツを10ドルくらいで見つけてきたりしています。

彼がいつもシンプルながらオシャレな理由がわかった気がします。
 
 
オシャレが好きでたくさん服がほしい!という人や、古着になれていて気にならないから安く服がほしい!という人にはかなりオススメ。

というわけで先日私も実際に行ってみました!
 
 
 

 
 
 

バリュービレッジ

他にも店舗がありますが、ダウンタウンに近く行きやすいロケーションの店舗がこちら。

地下鉄ランスダウン駅のすぐ近くです。

友人いわく店舗の広さや品揃え的にもここの店舗がオススメだそう。
 
 
古着があったり


 
 
本があったり

 
 
家電があったり


 
 
 
店内やかなり広く、ありとあらゆるものが置いてあります。

他にも家具や食器、スポーツ用品なんかも。

値段の設定は、例えばCDは一枚2~3ドルだったり、Tシャツは4~10ドルくらいのものが多かったように思います。
 
 
残念な点としては、家電コーナーの写真を見てもらうとわかる通り結構陳列が雑で、さらにはお客さんもどんどんぐちゃちゃにしていくため、もともとセカンドハンドであることに加えて保管が良くないことで、より状態は悪くなっているように思います。

これは他のコーナー、特に靴のコーナーでも同じように感じました。

しかし、洋服系はハンガーに一枚一枚かけてあるので、比較的状態は良いように思います。
 
さらに、DVDコーナーではたくさんのDVDが置いてありますが、中身が盗まれているのか入っていないものが多数。

私が手にとったものは、超高確率で中身がありませんでした。
 
 
というわけで、どの商品も購入前に良し悪しをしっかり確認したり、DVDなど箱に入っているようなものは中身の有無を確かめる必要があります。
 
 
 
個人的には、前述のように古着や中古品自体が苦手なので、何も購入しませんでしたが、オシャレが好きで古着に抵抗がないのであれば一見の価値があると思います。

特に留学・ワーホリに際してあまり服を持ってこなかったという人にはオススメ。

安値で買ったものは、帰国時に捨てるとなっても惜しくないですよね。

私も今来ている服の3割くらいはトロントに来てから購入したもので、そのうちの半分強はクラシファイドを通して他人からのセカンドハンドとして購入したもの。

セカンドハンド品をうまく利用して、留学中もオシャレを楽しみましょう!