トロントの冬の服装は?カナダグースやスノーブーツは必要?

トロントの冬の服装は?カナダグースやスノーブーツは必要?

トロントもかなり過ごしやすい気温になってきました。

まわりでもみんな春が来たと行っています。といってもまだ、0度を少し上回ったり下回ったりな感じです。
 
 
さて、私は日本を出発する前の準備の段階で、トロントの冬を乗り切るためにスノーブーツやカナダグース級のジャケットがあった方がいい、という情報をインターネット上で見ていました。

しかしどれもかなり高額。

カナダグースのジャケットは安いランクのものでも4~5万円はします。

うーん、と頭を悩ませた末に、スノーブーツは購入せず、ジャケットは違うブランドのものをセールで1万円ちょっとで購入して冬を乗り越えました。

そして、最近はイエローナイフの旅行の際にカナダグースのジャケットとスノーブーツをレンタルし、その着用感も体験しました。

そこで今回は、トロントの冬を乗り切るための防寒具をご紹介します。
 
 
 

 
 

カナダグースの着心地と暖かさ

 
 
最初に言ってしまいたいのは、カナダグースは確かに暖かいです。

氷点下でも下はTシャツでOKというのもあながち間違ってない。

さすがにマイナス30度くらいの寒さの中で長時間外にいると、カナダグースに加えて中に着込んでいてもだんだん寒くなってきますが、日本製のダウンジャケットと比べるとその差は歴然。

ただし、その防寒性能の高さ故に、とっても重いです。

最初は平気だと思っていましたが、毎日着続けていたら段々と肩が凝ってきてしまいました。
 
 
 

スノーブーツの履き心地と暖かさ

 
 
イエローナイフを旅行したときにはスノーブーツもレンタルしていました。

カナダグースと同じで暖かさは本当にさすが!と思えるレベル。

膝まで積もった雪が残っているような極寒の地でも平気でした。

ただしこちらもカナダグースと同じく、性能が良すぎてそれはもうめっちゃ重い。

最初は大丈夫かと思いましたが、ずっと歩いていると段々とエクササイズのようになってきました。

 
 
 

私がトロントの冬を乗り越えたダウンジャケット

 
 
私はNOIZEというメーカーのジャケットを購入しました。

Black Fridayのセールで40パーセントオフになり、税込みで150ドル弱でした。

気温が0度くらいであれば、中にヒートテックのシャツ一枚とこれで十分な暖かさ。

マイナス10度をくらいになるとしっかり目のニットも欲しいと感じ、マイナス20度を下回るとさらにもう一枚厚手のニットを着たり、ヒートテックをウルトラウォームのものに変えたりしたいかな、という感じ。

なので、トロントでもっと分厚いジャケットが欲しいと思ったことは一度もなく、しっかり着込めばこれで十分だと感じています。

真冬でマイナス30度程度にまでなるケベック州でも、足や顔は寒かったものの、胴体部分は下にしっかり重ね着をしていたので大丈夫でした。
 
 
関連記事:結論!ケベック州への旅行にオススメの季節は?
 
 

私がトロントの冬に毎日履いたブーツ

 
 
靴はスノーブーツではなく、普通のカジュアルなブーツ。

中に軽くボアがついていて、外側はウォータープルーフのように水は通さないようになっています。

また、滑り止めがしっかりあるので雪でも滑りにくいです。

さすがに氷の上では一度ツルッと滑っちゃったけど…。

こちらもトロントの冬には大丈夫で、雪で足が濡れることも全くありませんでしたが、冷え性なこともあって日によっては靴下の二枚履きが必要な感じはしました。

ただ、マイナス30度近くまで下がったケベック州では、このブーツは惨敗でした!めっちゃ足が痛かった。

あの3日間の旅行のためにブーツを買おうとは思わないけれど、あのときだけは正直スノーブーツが欲しくなりました。
 
 
 

結論:トロントの冬に必要な防寒具は?選ぶポイントはこれ!

 
 
個人的には、カナダグースとスノーブーツのすごさも体感した上で、トロントに住むのであればそこまでのものは必要ないのではないかと思っています。

私自身関西出身であまり寒さに耐性があるわけではないですが、私が購入したNOIZEのジャケットと、普通のカジュアルブーツで全く問題なく過ごせました。

でもさすがに日本から持参したコートでは太刀打ちできず。

というわけで、カナダで何かしら購入する必要があるかとは思います。

少なくとも水をすぐには吸い込まない生地で、腰を覆う程度には長め丈の厚手のダウンジャケットタイプ(実際にダウン100パーセントでなくとも)であれば良いのではないかと思います。

ブーツは水を通さずに滑り止めがしっかりしていればトロントでは大丈夫なはず。

中にボアがあれば尚良しです。

ただし、ケベック州に冬の間住む予定があるなどの場合はスノーブーツ必須。

カナダグースレベルのジャケットも検討の価値ありでしょう。

あくまでトロントでひと冬、の場合は高額なものを購入するよりも重ね着で対応するのがオススメです!