ワーホリは半年でもOK?短期ワーキングホリデーを充実させるコツ

ワーホリは半年でもOK?短期ワーキングホリデーを充実させるコツ

1年間という期間はとれなくてもワーホリに参加したいという人は多いでしょう。例えば半年間という期間でワーホリをすることは可能なのでしょうか?答えから言うと半年間のワーホリも可能ですが、充実したワーホリ生活を送るためにはしっかりと計画を立てることが求められます。今回は半年間のワーホリでも充実した生活を送るためのポイントをご紹介します。
 

ワーホリは半年でもOK?

そもそも、ワーホリには最長期間が定められていますが、最低限滞在しないといけない最短期間の設定はどこの国にもありません。極端な話がたったの1日だけでもワーホリビザで滞在することが可能ということです。ですから、半年間だけワーホリをすることは全く問題ありません。

実際に現地の生活になれて仕事を探し、十分にワーホリ生活を楽しむためにはある程度長期間滞在するのがおすすめだと言えますが、どうしても長期で滞在することはできないけれどワーホリをしたいという場合、可能な期間でのワーホリを検討するのもアリでしょう。
 

ワーホリを半年だけする場合には計画性が重要

ワーホリは半年間だけでもOKですが、時間があればあるほど充実した生活を送れることは言うまでもありません。人によって差はありますが、現地の生活に慣れたり、友達を作ったり、仕事を見つけたりするのには時間がかかるためです。そのため、半年間でのワーホリを検討している場合、1年間丸々滞在できるという人よりもしっかりと計画しておく必要があります。

半年間でも最後には行って良かったと心から思えるようなワーホリ生活にするため、しっかりと計画や準備をしておくようにしましょう。
 

ワーホリを半年間だけでも成功させるコツ

1年間の期間があれば、少しくらいゆっくりと時間をかけて現地の生活に馴染んでいってもまだ時間の猶予が残されていますが、半年間ではそうもいきません。生活の基盤を作るのにワーホリ期間の大半を費やすことになっては、決して満足のいくワーホリをすることができないでしょう。半年間でワーホリを楽しむためには、渡航前にしておくべきことや心構えを知っておきましょう。
 

語学力を可能な限り上げておく

半年間のワーホリで最も重要なのが、渡航前に可能な限り語学力を上げておくということです。1年あれば最初はあまり話せなくても少しずつ慣れていくことができますが、半年の場合はそうもいきません。仕事に就けるレベルの語学力に到達するまでに時間がかかっていると貴重なワーホリ期間を無駄にしてしまいます。

もともとある程度の語学力があれば、渡航してすぐに友達を作ったり仕事を探したりすることができるので、日本にいるうちからしっかりと勉強や会話の練習をしておきましょう。
 

現地の情報収集をしておく

ワーホリ前に現地の情報収集は必須ですが、1年間ワーホリをする人は現地に着いてからでも遅くないことがあります。しかし、半年間の場合は時間がより限られているので現地の情報収集もしっかりしておくことが望ましいです。現地にいる間に訪れたい場所や挑戦したいことはもちろん、どのように仕事を探すかなど必要な情報も集めておきましょう。
 

通学期間は最短で

1年間のワーホリでは多くの人が最初の数か月語学学校に通って語学の学習をします。しかし半年間のワーホリの場合、3ヶ月学校に通った場合残りはたったの3ヶ月です。残り3ヶ月では十分に働くことができなかったり、最悪のケースではそもそも仕事が見つからなかったりということが考えられます。

働かなくても資金が足りている人や、就労経験はそもそも重要ではない人もいるかもしれませんが、多くの人が現地での就労を希望しているはずです。働くことを重要だと考える場合には学校への通学を諦めるか、通っても1ヶ月などの短期にしておきましょう。
 

仕事探しはすぐに開始する

住み慣れた日本ではない国での仕事探しは、たとえアルバイトであっても苦戦することがあります。すぐに働きたいと思っても仕事探しに時間がかかることがあるので、仕事探しは早めに開始しなければいけません。まずは渡航前にレジュメやカバーレターなど必要なものを先に準備しておき、できればすぐに仕事探しを開始するのが良いでしょう。

最初は語学学校に通うという場合でも、情報収集などは早めにスタートさせて損はありません。どんな仕事に就けるか、仕事探しはどのようにするのかなども、日本にいるときから情報を集めておくとスムーズです。
 

滞在先を決めておく

1年間のワーホリの場合、最初の数ヶ月はホームステイをし、そのあと現地で探したシェアハウスに移るというのが王道パターンです。しかし、半年間となると少し事情が変わってきます。

国にもよりますし例外もありますが、シェアハウスの入居の条件として半年間滞在できることなどの最短契約期間が定められていることもあるからです。シェアハウスではない一人暮らし向けの部屋の場合は契約期間が1年以上ということもあります。

まずは現地の住居事情として、どのようにシェアハウスやアパートを探すか、最短契約期間はどのくらいからありそうかなど調べておきましょう。短期でもシェアハウスなどに入居できそうな場合はそれでもいいですが、短期では部屋を探すのが難しそうな国であれば、ホームステイを6ヶ月分契約しておくなども予め検討できます。
 

ワーホリが半年間でも計画を立てて充実させよう

ワーホリは半年間という短期間でも渡航することが可能です。半年間でワーホリ生活を送りたい場合は、通常よりもしっかりと計画を立て、情報収集などの準備をしておきましょう。きちんと計画することで半年という短いワーホリであっても充実した生活をすることができます。