ワーホリ・留学の海外保険の選び方!一番安心できる保険を契約しよう

ワーホリ・留学の海外保険の選び方!一番安心できる保険を契約しよう

ワーホリ・留学のときに必須の海外保険

ワーホリや留学に行くときには海外保険への加入が必須になります。自分は病気もケガもしないだろうから、と加入せずに渡航するわけにはいきません。また、短期の旅行とは違い、クレジットカード付帯の保険でカバーしようという考え方もNGです。ワーホリや留学に行くときには必ず海外保険に加入するようにしましょう。
 

万が一のときに安心

海外旅行保険へ加入せねばならない一番の理由は、もちろん万が一のときに安心だということです。いくら健康が自慢の人で普段は病気をしないといっても、ワーホリや留学期間中にハプニングが起きないとは限りません。いつもは健康体だという人でも、環境が変わって体調を崩してしまうというのは十分に考えられる話です。

保険未加入の場合はかなり高額の治療費を自費で払わなければならないケースもあるので、万が一に備えて必ず加入する必要があります。
 

海外保険証がないと入国できない場合も

海外保険は万が一のときに備えるためでもありますが、ワーホリや留学では海外保険証を提示しないと入国できないという場合もあります。入国審査で提示を求められ、保険証を見せることが求められる場合もあるので、そもそも海外保険への加入がワーホリや留学の必須事項です。

航空券の手配や語学学校への手続きなどに追われて海外保険への加入を忘れていた場合は、入国審査でトラブルになる可能性があるので、必ず加入を忘れないようにしましょう。
 

ワーホリ・留学の海外保険の選び方・比較ポイント

ワーホリや留学では海外保険への加入が必須ですが、期間が長くなるとかなり高額の買い物になるため、気軽に選べるものではありません。また、補償内容などにも違いがあるので、値段や内容を見比べて一番安心できるものを選ぶ必要があります。人によってベストな海外保険は異なるので、予算や現地での過ごし方などを考えて最適なものを選ぶようにしましょう。
 

契約期間

契約期間は一年などまとまった期間で契約できるものと、一日単位で販売されているものがあります。日本国内の保険会社の場合は日割りにもできるものの一定の期間で契約するタイプが多く、現地の保険会社では日割りのものも多いです。

短期留学などで日程が明確に決まっている場合や、ワーホリのあとにビジタービザなどを利用し追加で数日滞在することになったケースなどは一日ごとに選択できるものが割安で便利な場合もあるでしょう。また、国内の保険会社は一年で契約していても早く帰国した場合に一部払い戻しが可能なものもあって便利です。
 

保険料

保険料が安いからといって補償内容が充実していない保険を契約するのは問題ですが、安心できる補償内容のものであれば値段を比較するのも良いでしょう。

日本国内の保険会社は基本的に保険料が高く、現地の保険会社は保険料が安い傾向にあります。特に一年ともなると数万円から十数万円の差ができることも。どうしても費用が思ったよりも貯められなかった場合などでは、保険料の安い現地の保険会社を検討する価値があります。
 

補償内容

ワーホリや留学のための海外保険では保険会社によって補償内容がさまざまです。とてもややこしい部分ではありますが、補償内容をしっかりチェックしておきましょう。海外保険で確認したい主な補償内容は下記の通りです。

治療費用:滞在中の病気や事故での治療費への補償
傷害死亡・後遺障害:滞在中の事故が原因での死亡または後遺障害が残ったときの補償
疾病死亡:滞在中または帰国後すぐに病気で死亡した場合の補償
賠償責任:滞在中、他人にケガをさせたり他人の物を壊してしまったときの補償
生活用動産:滞在中に火災や盗難で身の回り品に損害が生じたときの補償
携行品:滞在中に身の回り品が破損や盗難された場合の補償
 

重要な補償内容①治療費用の上限

多くの保険ではケガや病気に対する治療費の上限が定められています。同じ会社の保険でも、その上限を選択でき、上限が低いものであれば保険料が安くなるというパターンが多いです。予算の都合で治療費への補償額上限を安く設定していると、渡航中に万が一手術を伴うようなケガや病気をしたときに足りない可能性が考えられます。

渡航先の国での治療費の例などを参考に、ある程度安心できる金額には設定しておきたいところです。特にスノーボードやマリンスポーツなど、現地でケガのリスクが高まるアクティビティを頻繁にしようと考えている場合は高めに設定しておくと安心できます。
 

重要な補償内容②携行品

ケガや病気での治療費に次いで保険の利用が多いのは携行品のトラブルと言われています。特に高額なノートパソコンなどは盗難にあった場合にとても困ってしまうものです。特に日本以上に治安の良い国はなかなかなく、置き引きなど盗難のリスクも高まるといって過言ではありません。携行品への補償の有無や上限額は治療費用に次いでチェックしておきたいポイントです。
 

キャッシュレスかどうか

保険にはキャッシュレスのものとそうでないものがあります。どういうことかというと、キャッシュレスの保険の場合、ケガや病気で治療を受けることになっても、その治療費が直接保険会社から支払われるため、自分でお金を先に出すという必要がありません。反対にキャッシュレスシステムでない場合は、一度自分で治療費を病院に支払い、その治療費を後日保険会社に請求して返してもらうという流れになります。

保証金額内であればどちらも同じように治療費が支払われますが、治療費が高額になる場合は手元にお金がないことで問題になるケースも。キャッシュレスの保険では高額な費用を自分で建て替える必要がないのでより安心です。
 

ワーホリ・留学の海外保険は安心なものを選ぼう

海外保険は補償内容がさまざまで比較が難しいところではありますが、安心してワーホリや留学をするためにとても重要な部分です。楽しく海外生活を送るためにも、しっかりと補償内容を確認して、十分に安心できる海外保険を選びましょう。