ワーホリからビジタービザ切り替えにかかる時間や申請の期限は?

ワーホリからビジタービザ切り替えにかかる時間や申請の期限は?

ビジタービザ(観光ビザ)が半年分降りました!

ビザ自体はまだ受け取っていなくて、mycic内のメッセージで内容を知っただけですが一安心。

条件的に何も問題なかったので、まあ大丈夫だろうとは思っていたし周りにも言われていたけれど、やっぱり待っているときはソワソワするものです。

今回は私の体験談も踏まえつつ、ビジタービザで気になることについてまとめました。
 
 
 

 
 
 

カナダのビジタービザ申請はいつまでにすれば良い?

 
 
日本語で書かれた日本人向けの解説サイトでは、現在有効なビザが切れる30日前までにビジタービザの申請をしなければならないとされていることが多いです。

実際に、カナダ移民局のサイトにも同じく、現在有効なビザが切れる30日前までの申請を推奨するという文言があります。

しかし、これはあくまでも時間に余裕を持って申請するようにという推奨であり、30日を切ると申請ができないだとか却下されるという意味ではありません。
 
 
実際に私は、ワーホリビザが切れるちょうど2週間前にビジタービザの申請をして通りました。

何故ビジタービザの申請をそのタイミングでしたかというと、ワーホリビザ失効直前にアメリカ、ニューヨークへ旅行の予定があった私。

アメリカ旅行中にビジタービザを受けとると、ビジタービザを持っているはずの人がその場で提示できないという点でカナダへの入国審査の際に突っ込まれるかも、と聞き、1ヶ月前の申請を避けてこの時期に申請をしたという経緯。

これは私が利用しているエージェントスタッフからのアドバイスです。

そんなわけでワーホリが切れる2週間前の申請でも通ると実証できました。

ちなみに友人には1週間前の申請でビジタービザを受け取った人もいます。

しかし、何度も言いますが余裕を持って申請するに越したことはないので、できるだけギリギリにならないように努めましょう。
 
 
 

カナダのビジタービザ申請から受理にかかった時間

 
 
私の場合は申請からメッセージの受信までにぴったり1ヶ月かかりました。

そして郵送でビザを受け取るのはもう少し先になるよう。

昨年9月頃にビジタービザを申請した人は申請からビザ受け取りに1ヶ月かかったと言っていたので少し短くなることもありますし、3ヶ月かかったという友人もいるので変動は大きいよう。

移民局のオフィサーのミスで1週間足らずで受け取ったという例もあるそうです。

一応カナダ移民局のサイトで確認できますが、あてにしない方が良いかもしれません。

特に、カナダから海外への旅行を検討している場合、確実にいつまでに受け取れるという保証がありませんので、ケースによっては見送った方が良いこともあるでしょう。
 
 
 

ワーホリビザからビジタービザへの切り替えは余裕を持って

 
 
私の場合は上でご紹介の通りでしたが、実際には人によって違うことも多いビジタービザのプロセス。

余裕を持って申請を行うに越したことはありません。

スケジュールを見直して、慌てず申請できるようにしましょう。
 
 
必要な書類の紹介や、私の失敗談など、ビジタービザについては過去にも記事を書いていますのでぜひご覧ください!

関連記事:カナダのビジタービザ申請に必要な書類一覧
     ビジタービザ申請完了!怠け者な私の反省点の話