留学・ワーホリで要らなかった荷物って?

留学・ワーホリで要らなかった荷物って?

今から渡航を控えている皆さん、パッキングは進んでいますか?

私は本当にぎりぎりで準備を始めたので、パッキングが終わったのは出発当日の明け方でした。

私は多分荷物に関しては多くなかった方で、最大サイズのスーツケース一つにボストンバッグ、身の回り品の入ったリュックという感じで、むしろスーツケースには若干スペースが残っていた状態でした。

時間がなかったのが大きな原因ではあるのですが(笑)それ以上に、現地でなんでも買えばいいかな~と思っていたのが理由。

特に食品は先輩にもらった即席みそ汁のパックと、当日友達にもらったお菓子だけで自分では何も持って行かず。

それでもまだこれは要らなかったな、と思うものがいくつかあります。

今回は、私がワーホリに持ってこなくてもよかったと思っているものを、これまた独断と偏見でご紹介します。

ちなみに渡航先が大都市ならではの意見&女性ならではのものが多いのでご了承を!
 
 
 

 
 
 

化粧品の予備

20代も半ばになると化粧歴も長くなり、試行錯誤のうえに愛用している化粧品も多いはず。

肌に合う合わない、発色の好き嫌いなんかもありますよね。

なので私は、化粧品のストックを持ってきていました。

でも、化粧品を海外でお土産に買うのが好きな人はいませんか?

そう、海外で化粧品を物色するのって結構楽しいんですよね。

日本にないブランドなんかもあって、ウキウキしてしまいます。

でも、私の場合はストックがあるため無駄に買い足すわけにもいかず。

せっかくならこちらで色々見ながら買い足せば楽しかっただろうなと思っています。

ちなみに私の場合は、トロント生活に慣れ段々化粧が薄くなっていったので、アイライン全然減らんやん!という現象も起きています(笑)
 
 
 

 
 
 

日本グッズ

話題作りなんかのために、日本っぽいグッズとか和風のものを持っていくといい、と聞いていて少しではありますが持ってきました。

おりがみとかそんな感じの。

でも、そんなものなくっても日本の文化や習慣に関することが十分話題になります。

「カナダってこうだけど、日本ではみんな○○するんだよ~」なんて話でばっちり盛り上がれますし、結局物に頼ることは一度もありませんでした。

わざわざ、「おりがみって知ってる?しようよ!」なんてシチュエーションがないのも事実(笑)

でも、シールとか付箋なんかは場所をとりませんし、英語を勉強しているノートなんかにさりげなく貼っておくと会話のきっかけくらいにはなってくれることもあるので、何かちょっとくらい、と思うのであれば、小さくて自分でも使える文房具で和柄のものをチョイスするのがオススメです。
 
 
 

生理用品

これは日本のものがいい、と聞いてできるだけ多めに詰め込みました。

といっても最初の数か月分だけでしたが。

個人的な意見ですが、カナダのものは普通に使える!です。

細かいところで日本っぽいこだわりがあったりだとか、日本製のものがより良いというところには賛同しますが、カナダのドラッグストアで買えるものも十分な気がしています。

重くはないですが結構場所をとるので、最初1か月に足りる分だけ持ってきてあとは現地調達しても良かったかなと思っています。
 
 
 
荷物の多さは人それぞれですが、留学やワーホリとなると持っていける量に限度があります。

当然、必要なものは持っていく必要がありますが、大都市であれば消耗品などは現地でも買い足せます。

せっかくなら現地の人に近い海外生活を楽しむつもりで、迷ったものは持って行かないというのも一つの選択肢。

荷物を減らして身軽に渡航してみてはいかがでしょうか。