ワーホリ・留学のオススメ便利グッズ

ワーホリ・留学のオススメ便利グッズ

4月はカナダにたくさんの日本人が来る月。

まもなく出発という方も多いのではないでしょうか?

一年前を思い返してみると、私は出発の一週間前まで仕事をがっつりしていて、スーツケースなどを買えたのもそのあとでした。

そのため、出発当日の明け方までパッキングをしていたという結構ギリギリなスケジュールでした。

もちろん、私は見習わずにはやめに必要なものを購入して、パッキングしてしまう方が良いです(笑)

今回は、私が持ってきて良かった!もしくは持ってきたらよかった!と思うものの中でも見逃しがちなアイテムをご紹介します。

まだ時間に余裕があるという人は、参考にしてみてください。
 
 
 

 
 

USBフラッシュメモリ

 
 
これ、本当に全員持ってきてほしい(笑)

きっと持っている人が多いと思いますが、なくても高い買い物じゃないのでぜひ購入をオススメします。

こちらにきて、自宅にプリンターがないので、自宅でレジュメなどを作成したときや、印刷が必要なチケットを購入したときなど、これに入れて図書館のパソコンから印刷できたりします。

中でも私がオススメしたいのが、パソコンとスマートフォンどちらにも接続できるメモリ。

スマホで受け取ったデータを印刷するときや、パソコンで作ったデータをスマホに移してそこから誰かに送ったり、パソコンとスマホをケーブルで繋ぐことなしにデータのやりとりができます。

本当に便利です。

またパソコンは持っていかないという人こそUSBメモリを用意しましょう。

公共のパソコンなどでレジュメなどを作成したときに保存するものが必要になります。
 
 
 

歯ブラシ

 
 
歯ブラシなんてどこでも買えるから、2本くらい持っていってあとで買いたそう!と思っていた私。

これが大きな間違いでした。

カナダの歯ブラシ、めっちゃでかい。

私は日本のものの中でもブラシが小さめのものを好んでいたというのもあって、差がすごいんです。

一番奥の歯とかどう磨くの!?ってくらい。

私が普段使っているものの1.5~2倍のブラシサイズのものばかり売っています。

歯ブラシは重くもなければ大きくもないので、できれば滞在期間中足りるくらいの本数をスーツケースの隙間に入れてきてはいかがでしょうか。
 
 
 

スリッパ

 
 
旅行慣れしている人は、機内で履くためのスリッパを用意する習慣がある人も多いはず。

日本からカナダの直行便は半日かかる長時間フライト。

靴を履きっぱなしではかなりイライラします。

靴を脱いでリラックスできるように、コンパクトにたためる素材のスリッパを用意しましょう。

またそのスリッパは、初日から部屋用のスリッパを購入するまでの仮部屋履きとしても活躍します。

留学中の国内・国外旅行でも重宝しますよ。

日本のようにスリッパがあるホテルばかりではないですし、AirBnbなどを利用するとそういったアメニティがほとんどないことも。

ちなみに、カナダの場合、ダララマという1ドルショップでスリッパは購入可能(ただし1ドルではない)ですが、日本のように持ち運びを前提とした袋付きだったりコンパクトになるものだったりというのは見かけません。

 
 
 
いかがでしたか。

既に持っていこうと思っていたものばかりでしたか?

海外といえど、大都市では多くのものが普通に手に入ります。

しかし、日本人になじみ深いものや、日本人が使いやすいものがあるとは限りません。

個人的にはそういう差を楽しむのも面白いと思っていて、できるだけ現地のものを買おうと思っていましたが、やっぱり日本のものがいいなと思うこともあって。

快適な生活のために、ぜひこれらの便利な小物を持参してはいかがでしょうか。