ワーキングホリデーは英語力がゼロでも可能?準備をしっかりしておこう

ワーキングホリデーは英語力がゼロでも可能?準備をしっかりしておこう

ワーキングホリデーは英語力がゼロでもできるの?

ワーキングホリデーは、語学留学と混同されることも少なくなく、渡航する人の目的の多くが語学力の習得となっています。しかし、実際には語学学習だけでなく、仕事をしたり観光を楽しんだりと様々なことができるワーキングホリデーでは、英語力があるわけではないけど挑戦してみたいという人も多いです。

現実はどうかというと、英語力がなくワーキングホリデーに挑戦する人は意外にも多く、誰もが英語を話せる状態で渡航するわけではありません。ただ、英語力が高ければ高いほど良いというのは事実。ここでは目的別に、英語力がゼロでもワーキングホリデーは問題なくできるかどうかを解説します。
 

英語学習が目的の場合

英語力がゼロの状態で、ワーキングホリデーで英語学習をスタートするのは、あまり賢い方法とは言えません。もちろん、語学学校に通ってゼロから英語を学ぶこともできますが、費用対効果や伸び率を考えると、ある程度英語力がある状態で渡航するのがベストです。

というのも、英語力ゼロからワーキングホリデーで英語学習をする場合、語学学校に通うのがマストになります。しかし、どの語学学校でもレベルによるクラス分けがあり、英語力ゼロであれば低いレベルのクラスに入ることは明白。そうなるとクラスメイトも英語力の低い人ばかりになります。

ある程度英語力があって少しでも上のクラスに入ることができれば、英語力の高い人と友達になれる上に、ビジネス英語のクラスや、各資格試験のためのクラスなど、専門性の高いクラスを選ぶことも可能に。英語学習がワーキングホリデーの目的とする場合、可能な限り英語力を高めておいた方が良い結果を生むことができます。
 

人生経験が目的の場合

単に海外に住んでみたい、日本ではできない経験をしてみたいという場合、英語が目的ではないからこそ英語力は必要と言えます。英語力がゼロなことで、シェアハウスを探すにしても日本人がルームメイトの家に住むことになってしまったり、日本人の友達とばかり付き合ってしまったりする人も少なくありません。

もちろん、それでも海外に住むという経験は何にも代えがたい貴重なものではありますが、「日本ではできない人生経験をしたい」と思うのであれば、英語力がそれを可能にするでしょう。
 

旅行が目的の場合

ワーキングホリデーでいわゆる「ホリデー」の部分を楽しみたいという目的の人で、その国の観光スポットや周辺国の旅行を中心に楽しみたいという人は、英語力ゼロでもある程度楽しめるはずです。それこそ、カナダやオーストラリアの都市部では英語力がなくても比較的簡単に見つかる日本人経営のジャパレスの仕事があります。絶対にローカル環境が良い!などのこだわりがなければ英語力が低くても生活費や旅行代を稼ぐことが可能です。

単にホリデーを楽しみたい、海外に住んでその周辺の旅行を楽しみたいということが目的であれば、英語力ゼロでも楽しめると言えるでしょう。もちろん、海外旅行をするのにも英語力があることに越したことはありませんから、少しでも会話ができる方が良いことには変わりありません。
 

ワーキングホリデーで英語力がゼロの場合に準備したいこと

お金を十分に用意する

英語力ゼロでワーキングホリデーに渡航する場合、お金は英語ができる人以上に用意しておくのが賢明です。都市部であれば日本人経営の飲食店も多く、英語力が低くても仕事が見つかる可能性は十分にありますが、英語力がある人に比べると当然チャンスは少なくなります。また、時期によって仕事の数が少なくなる場所もあるので、その時期にはさらに仕事を見つけるのが厳しくのあることも。

英語力がゼロの人は、しばらく仕事が見つからなくても生きていけるように、お金をしっかり準備しておいてください。
 

現地の留学エージェントを利用する

英語力ゼロの場合、現地の留学エージェントを利用することを強くおすすめします。渡航先にオフィスを構えるエージェントは、困ったことがあれば日本語で何でも相談できる心強い存在。英語力が低い場合、自分では解決できない問題が起こる可能性もあるので、留学エージェントを利用しておくのが賢明です。

特にワーキングホリデーの場合は、現地の通信会社の契約や、銀行口座の解説など、英語力ゼロでは難しいこともこなさなければなりません。ほとんどの現地留学エージェントでは、そういった作業のサポートもありますので、英語力ゼロでも円滑に生活をスタートさせることができます。
 

ホームステイに申し込む

比較的高くなるホームステイを避け、日本からシェアハウスを契約したり、渡航して数日だけホステルのようなとこに泊まり、すぐにシェアハウスを探したりするという強者もいます。しかし、それが可能なのは英語力があるからと心得て、英語力がない人はホームステイに申し込むべきです。

日本から家探しをするにも、英語力がなければいい家を見つけられる可能性は下がり、また、トラブルに巻き込まれる可能性は上がります。すぐ家探しをするにも、英語力がないことが足手まといになるでしょう。

ホームステイであれば、留学エージェントや学校を通して申し込めるので、英語力ゼロでも確実に整った住環境が手に入ります。また、同時に自宅での英語環境も約束されるため、渡航してすぐに英語を話せる環境を得ることができるのもホームステイの魅力です。シェアハウスを希望する場合も、数か月後に引っ越せばいい話なので、まずはホームステイに申し込むことを強くおすすめします。
 

ぎりぎりまで英語学習をする

なんといっても重要なのは、ぎりぎりまで英語を勉強するということです。渡航までもう日がないから今からやっても意味がないのではと思わずに、少しでも勉強を進めましょう。

最近は安値なオンライン英会話や、効率的な英語学習のスマホアプリも多く、お金と時間をかけずに英語を勉強をすることは十分に可能。特に会話の練習ができるオンライン英会話は、渡航後ための良い練習になります。たとえわずかな時間であっても、英語学習をすすめておいてください。
 

ワーキングホリデーで英語力をゼロから上げる方法

日本人の友達をつくる

ワーキングホリデーに行ったら、日本人はできるだけ避けて生活をしようと決めている人も多いですが、英語力ゼロから英語力アップを狙う人は、日本人の友達も作ってください。留学エージェントや語学学校にはたくさんワーキングホリデー仲間がいるので、すぐに友達はつくれるはずです。

日本人の友達からは有益な情報を得ることができます。例えば、どうやって英語環境の職場やシェアハウスを見つけられたかなどの話も聞くことができるでしょう。英語のできる人からは現地の友達を紹介してもらえるかもしれません。英語の練習ではなく、英語力をアップするためのヒントを握っているのが日本人の友達です。また、自分よりも英語を話すことができる日本人を見て、モチベーションを上げることもできます。
 

現地の友達とたくさん遊ぶ

日本人の友達をつくることはとても重要で、彼らは英語上達のためのヒントを握っています。しかし、実際に英語の練習をするためには、英語を話す人と時間を過ごすことが重要だということは言うまでもありません。語学学校の友人や、職場の人、そういった友達を通じて知り合った現地の友達とは積極的に遊びましょう。

海外で仕事をすれば英語力は多少上がるだろうという考えの人もいますが、英語力ゼロの人が就ける可能性の高い飲食店などで使う英語は限られています。ランダムな英語を聞いたり話したりできるのは、やはり友人との何気ない会話だからこそ。毎日仕事をするだけの生活では英語力アップは見込めませんから、積極的に現地の友達と遊んでください。
 

語学学校に申し込む

ワーキングホリデーでは、お金のかかる語学学校へは通わず、すぐに働きだしたいという人も一定数います。しかし、英語力ゼロの場合、少しでも効率よく英語力を上げるために、最初は学校に通うのがおすすめです。

日常生活でも英語力を上げることはできますが、アルバイトや買い物など普段の生活で使う英語は限られているもの。また、友達を作ろうにも英語力がない状態において、日常生活で日本人以外の友人をつくるのは困難なため、英語が話せる人以上に英語環境を作ること自体が難しいものなのです。そのため、しっかり学び、英語環境を得ることができる語学学校は英語力ゼロの人にとって効率よく英語を伸ばせる場所。その後の生活を充実したものにするためにも、語学学校への通学をおすすめします。

もし、海外生活を長く楽しみたい場合は、通学ビザなどで数か月学校に通い、そのあとでワーキングホリデーに切り替えるという方法もありますので検討してみてください。
 

ワーキングホリデーに英語力がゼロで行くならしっかり準備をしておこう

ワーキングホリデーは、英語力がゼロであっても渡航する人がいますし、そういった人でも充実した生活を送れている人もいます。英語力がないからといって、ワーキングホリデーを諦める必要は全くありません。

ただ、英語力があればあるほどトラブルを回避して充実した生活が送れる可能性が上がるのも事実です。英語力ゼロでワーキングホリデーを検討する場合、事前の準備と心構えをしっかりしておいてください。